【不信任可決10日以内】総辞職または衆議院解散、【解散後40日以内】総選挙、【総選挙後30日以内】特別国会


衆議院の解散した時に
総選挙が行われるのは
解散から30日以内である
×(答)
43%

衆議院解散(しゅうぎいんかいさん)とは、大日本帝国憲法下の帝国議会と日本国憲法下の国会において、総選挙を行うために衆議院を解散すること。解散によりすべての衆議院議員は、任期満了前に議員としての地位を失う。

日本国憲法下の衆議院解散
日本国憲法において衆議院の解散は、内閣の助言と承認により、天皇が行う国事行為の一つと定められている(日本国憲法第7条3号)[注 1]。

衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に衆議院議員総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に国会(特別国会)を召集しなければならない(同54条第1項、公職選挙法第31条3項)。そして、日本国憲法は衆議院議員総選挙後に初めて国会の召集があったときには当然に内閣は総辞職するものとしている(日本国憲法第70条)。
引用元:衆議院解散 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%A7%A3%E6%95%A3


引用元:憲法 [17] 第4章 国会 – 国会の活動 – Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ http://ngk-works.hatenablog.com/entry/2016/03/24/constitution_17


引用元:【国会の仕組み②】国会って毎日してるの?〜国会とは?4種類あるの?気になる部分、ちゃらっとさらっとEasy解説!〜 | Suwila!! [スウィラ!] | スーパーウルトラわかりやすい、今必要なリベラルアーツ! http://www.suwila.com/?p=480