シュトゥルツカンプフルークツォイク


次の文字列を順に選んで
急降下爆撃機を表す
ドイツ語にしなさい
シュトゥルツ
カンプ
フルー
クツォイク
12%
Sturzkampfflugzeug

ユンカース Ju 87 シュトゥーカ(Junkers Ju 87)は、ドイツにおいて第二次世界大戦中に使用された急降下爆撃機である。愛称の「シュトゥーカ」(Stuka)とは、急降下爆撃機を意味する「sturzkampfflugzeug」(シュトゥルツカンプフルクツォイク)の略で、本機が急降下爆撃機の代表として扱われたため、この名が用いられるようになった。日本語では「スツーカ」「ストゥーカ(ステューカ)」とも表記されている。

第二次世界大戦以前の1935年秋に初飛行を行っているにもかかわらず、後継機に恵まれなかったこともあって大幅なバージョンアップも無く終戦まで使用され続けた機体である。
引用元:Ju 87 (航空機) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Ju_87_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

スツーカ(STUKA)とは、ドイツのユンカース(Junkers)社が開発した急降下爆撃機である。
ドイツ語のシュトゥルツカンプフルークツォイク(Sturzkampfflugzeug 急降下爆撃機)の略。
一般には、ナチスドイツの爆撃機ユンカース Ju-87のことである。

急降下爆撃とは
航空機から爆弾を投下する方法には水平爆撃と急降下爆撃がある。
水平爆撃は機体を水平に保ち、爆弾の落着位置を予想して爆弾を投下する方法であるが、誘導装置のついていない普通の爆弾をこの方法で投下した場合、命中率が著しく悪くなるという欠点があった。この欠点を補うための爆撃方法が急降下爆撃である。

急降下爆撃を行う爆撃機は60度前後の降下角をとって急降下し、爆弾を投下する。この方法であれば爆弾はほぼ機体と同じ方向に落下するため、水平爆撃よりも精密な爆撃ができる。戦車は上面の装甲が非常に弱いので、命中精度が高く、上面を直撃する急降下爆撃は地上を走行する戦車にとって大きな脅威となる。一方で急降下、急激な機体の引き起こしを行うため、Gによるパイロットの失神や機体の破壊といったデメリットも多く、誘導爆弾による精密爆撃やミサイルが発達した現在においてはほぼ顧みられることのない爆撃方法となっている。

急降下爆撃は第二次大戦中に各国で行われ、専用の爆撃機である急降下爆撃機も作られた。
引用元:スツーカとは (スツーカとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%AB