鹿児島県肝付町


一反木綿といえば
もともと何県に伝わる妖怪?
鹿児島県をタッチ(答)
39%


内之浦宇宙空間観測所がある鹿児島県の町です
肝付町
きもつきちょう(答)

一反木綿(いったんもめん)は、鹿児島県肝属郡高山町(現・肝付町)に伝わる妖怪。伝承地では「いったんもんめ」「いったんもんめん」とも呼ばれる[1]。

概要
地元出身の教育者・野村伝四と民俗学者の柳田國男との共著による『大隅肝属郡方言集』にあるもので、約一反(長さ約10.6メートル、幅約30センチメートル)の木綿のようなものが夕暮れ時にヒラヒラと飛んで、人を襲うものとされる[1]。

首に巻きついたり顔を覆ったりして窒息死させるともいい[2][3]、巻かれた反物のような状態でくるくる回りながら素早く飛来し、人を体に巻き込んで空へ飛び去ってしまうともいう[4]。

ある男が夜に家路を急いでいたところ、白い布が飛んで来て首に巻きつき、脇差しで布を切りつけたところ、布は消え、男の手には血が残っていたという話もある[3]。

出没の伝えられる地方では、子供が遅くなるまで遊んでいると「一反木綿が出るよ」と言って戒める風習もあったそうである[4]。

また、肝付町では一反木綿がよく現れるといわれる神社(四十九所神社など)があり、子供たちがその神社の前を通るときには、上空を舞う一反木綿が最後尾の子供を襲うと信じられていたため、子供たちは誰よりも先に走って通り抜けたという[5]。

古典の妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』に描かれた妖怪の一つに、手足の生えた布状のものがあるが、民俗学者・小松和彦はこれを一反木綿のルーツにあたるものとの仮説を立てている[6]。

正体
一反木綿の出現時は夕暮れ時とされるが、かつてこの時間帯は親が農作業などで1日中働いており、子供に目を配ることができないことから、一反木綿の話をして、遅くまで遊んでいては危ないと戒めていたものと見られている[1]。また、この伝承地では土葬の際に木綿の旗を立てて弔う風習があり、これが風で飛んで空を舞うこともあったであろうことから、これが木綿の妖怪という伝承に繋がったものとも推測されている[1]。

日本テレビの生活情報番組『所さんの目がテン!』での実験では、闇の中に50センチメートルほどの布を仕掛けて動かしたところ、それを見た者たちは平均2.19メートル、最長で6メートルと証言している。これは暗い中で白い物など明るい物が動くと、目の錯覚の一種である陽性残像により、動きに沿って残像が見えるためであり、同番組では夜間の森を飛ぶムササビがこの錯覚により本来よりも長い姿に見え、一反木綿と見間違えられたという可能性が示唆されている[9]。
引用元:一反木綿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%8F%8D%E6%9C%A8%E7%B6%BF

いったんもめん。

有名漫画家のおかげで、全国的に知られるようになった妖怪ですが、「出身」が肝付町(旧高山町)であることは、それほど知られていません。

柳田国男の依頼をうけて、肝付町(旧高山町)出身の教育者・野村伝四が家族や親戚などから方言を聞き取って著述したという「大隅肝属郡方言集」には、「いったんもめん」について、次のように記載されています。

イッタンモンメン お化けの一種。長さ一反もある木綿の様な物がヒラヒラとして夜間人を襲うと言う。

また「高山郷土誌」には次のように取り上げられています。

いったんもめん(一反木綿) 高山の池之園や、波見には「いったんもめん」という妖怪がいて、夕方うすぐらくなると、どこからともなくひらひらと飛んで来て、人間の頭や首に巻きついて、息の根をとめるといわれていた。―(中略)―「いったんもめん」(一反ほどの長さの木綿)は山に住み、ちょうど日暮れどき、ひとの顔もわからなくなる時分に飛んでくると言われている。

郷土史家の海ケ倉喜通(かいがくら よしかず)さんにお聞きしたところ、かつて、いったんもめんの伝承について調査をしたときには「波見から上流の肝属川沿いに言い伝えは分布していました。有明地区や後田地区(川上地区含む)には伝わっていませんでした。串良や東串良にも伝わっているのは、波見の人が嫁ぐなどして交流があったからでしょう」とのことでした。

正体については、墓のまわりに立てていた長い白旗ではないか、などといわれていますが、おそらくは「一般的に人魂と呼ばれている燐火でしょう」と海ケ倉さん。

戦時中は、夜、家の灯りがもれないようにしていたため、真っ暗だったこともあり、よく燐火を見かけたそうで、長く尾をひくようなものも見られたといいます。

また、波野地区で聞き取りをしていたときに、「昔、疫病がはやったときに、荒瀬の山のなかに大きな穴をほってそこに死体を埋めていて、近づいてはいけないといわれていた。いったんもめんは、その穴から出てきた人魂のことだと聞いた」という話もありました。

一反(着物一着分の反物)の長さについては、種類や産地で差があるようですが、だいたい12.5メートルほどで、かなりの長さです。

そこまで長くなくとも、白旗のような長い布が、山の中(山林)を飛ぶのは、ひっかかるのでかなり難しいと考えると、「人魂説」のほうが有力かもしれません。

いったんもんめんのほかにも高山には伝説が多く、夜に武者が通っていくというような話もあります。

この夏、涼を求めて(?)そうした伝説を探してみてはいかがでしょうか。
引用元:いったんもめんはどこにいた? | きもつき情報局(ポータル) http://kimotsuki.info/pages/know/report/post-1858.html