オスカー・ニーマイヤー


このビルを設計した
建築家は?
ル・コルビュジエ
フランク・ロイド・ライト
オスカー・ニーマイヤー(答)
ミース・ファン・デル・ローエ
39%

ル・コルビュジエが正答になるかどうかは不明です

rXFnsdIQSjOZ
次の建造物と
設計を担当した建築家の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aグッゲンハイム美術館の画像───フランク・ロイド・ライト
B国際連合本部ビルの画像───オスカー・ニーマイヤー
Cポンピドゥーセンターの画像───レンゾ・ピアノ
引用元:「ポンピドゥー・センター」リチャード・ロジャースとレンゾ・ピアノが設計 「アプタイベルク」美術館 ドイツのメンヘングラートバッハ「修道院の丘」 「ヴィクトリア」&アルバート美術館 略称「V&A」 グッゲンハイム美術館 フランク・ロイド・ライト建築 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/7575/

オスカー・リベイロ・デ・アルメイダ・ニーマイヤー・ソアーレス・フィーリョ(ポルトガル語: Oscar Ribeiro de Almeida Niemeyer Soares Filho、1907年12月15日 – 2012年12月5日)は、ブラジル、リオデジャネイロ市生まれの建築家。

建築物
国際連合本部ビル
イビラプエラ公園
首都ブラジリアの諸建築

ブラジリア
1940年、当時ベロ・オリゾンテの市長を務めていたジュセリーノ・クビチェックと出会い、パンプーリャ湖畔の開発計画に参加。1945年共産党に入党。第二次世界大戦後の1952年にル・コルビュジエらと共にアメリカ・ニューヨークの国際連合本部ビルをデザインした。

1956年から1960年にかけてブラジルの大統領となったクビチェックの呼びかけで始まり、コンペを経て選ばれたルシオ・コスタの総合監修の下、ブラジルの新首都・ブラジリア(首都移転は1960年)の国民会議議事堂や外務省、大聖堂などの主要建築物の設計を行った。

ブラジリアのどの建築物にも、ニーマイヤーが語るところの「自由な曲線」が多用されており、1987年には近代都市では初の世界遺産に登録された。
引用元:オスカー・ニーマイヤー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC

国際連合本部ビル(こくさいれんごうほんぶビル、英語: United Nations Headquarters)とは、国際連合の本部が入るビル群。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にある。

マンハッタンの東辺タートル・ベイ(英語版)に位置し、その敷地は西は1番街、東はイースト川、北は48丁目東、南は42丁目東に囲まれている。

主に、地上39階・地下3階建ての事務局ビルのほか、総会会議場、理事会会議場、図書館から成る。

建設
国際連合は、本部ビルの建設に当たって、コンペを実施するのではなく、各国の一流の建築家を集めて共同チームを結成することとした。アメリカの建築家ウォレス・ハリソン(英語版)が計画責任者に指名され、加盟国の推薦により設計委員会が選定された。設計委員会のメンバーには、ソ連の N・D・バソフ、ベルギーのガストン・ブルンファウト、カナダのアーネスト・コーミア(英語版)、フランスのル・コルビュジエ、中華民国の梁思成、スウェーデンのスヴェン・マルケリウス、ブラジルのオスカー・ニーマイヤー、イギリスのハワード・ロバートソン、オーストラリアの G・A・ソイリュー、ウルグアイのフリオ・ヴィラマホ(英語版)が名を連ねた[5]。
引用元:国際連合本部ビル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E6%9C%AC%E9%83%A8%E3%83%93%E3%83%AB