新党さきがけ、民主党


次のうち
菅直人が所属したことがある
政党を全て選びなさい
日本新党
新党さきがけ(答)
民主党(答)
新進党
社民党
49%

菅 直人(かん なおと、1946年(昭和21年)10月10日 – )は、日本の政治家、弁理士(登録番号:07558)[1]。立憲民主党所属の衆議院議員(13期)、国のかたち研究会会長、立憲民主党最高顧問。

厚生大臣(第85代)、副総理、財務大臣(第13代)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策、経済財政政策)、内閣総理大臣(第94代)、旧民主党代表、民主党代表(初代・第3代、第8代)、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。中選挙区制時代の選挙区は旧東京7区、小選挙区比例代表並立制導入後は東京18区および比例東京ブロック。

所属政党
(社会市民連合→)
(社会民主連合→)
(新党さきがけ→)
(旧民主党→)
(民主党→)
(民進党→)

その他
身長175cm。[要出典]
座右の銘は「人生、ただ一度」[5]。
趣味はスキューバダイビング(ライセンスは未取得)、囲碁[287](小沢一郎と囲碁で交流を深めたことがある[288])、麻雀、将棋(田中秀征と好敵手であった。田中の頼みで日本将棋連盟よりアマ二段を贈られた[289][290][信頼性要検証])、テニス[5]。2007年の時点では「ネット囲碁にハマっている」という記載がある。[要出典]
新潟県中越地震によって発生した上越新幹線脱線事故については「新幹線を迅速に止めるため、最後尾からパラシュートを出す」とのアイデアを紹介している[291]。
本宮ひろ志が、参議院選挙に全国区から立候補、選挙の様子をリアルタイムで執筆し連載する予定だった漫画『やぶれかぶれ』に秘書らとともに、本宮の指南役として登場している。[要出典]
東京工業大学在学中に麻雀点数計算機を発明。特許を取得し、いくつかの企業に製品化を持ち掛けたが、実用化には至っていない。[要出典]試作機の一つが、千葉県いすみ市の麻雀博物館に展示されている[292]。
カルピスが好物。また酒豪としても知られているが、本人よりも妻の方が強いと言われている。[要出典]
芸能人好きでもあり、吉川ひなの、ジュディ・オングなどのファンでも知られており、大橋巨泉に打診したのも菅である。他に高木美保などにも声を掛けたとされている。[要出典]
引用元:菅直人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%9B%B4%E4%BA%BA