MS&AD


2010年に3社の経営統合で誕生
した、国内最大規模の損保会社は
「◯◯◯◯◯インシュアランス・
グループ・ホールディングス」?
DASM&
MS&AD(答)
33%
三井住友あいおいニッセイ同和

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社(エムエスアンドエイディーインシュアランスグループホールディングス、英語: MS&AD Insurance Group Holdings, Inc.)は、日本の保険持株会社。傘下にあいおいニッセイ同和、三井住友海上などの損害保険会社を持つ。

東京海上ホールディングス、SOMPOホールディングスと並ぶ、所謂「三メガ損保」の一角。

2011年10月より、グループのタグライン(企業のロゴマーク等に添えて表示されるスローガン・キャッチコピーなどの事)として、「立ちどまらない保険。[2]」を導入した。

概要
2010年4月1日、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険、三井住友海上グループホールディングスの3社の経営統合により誕生した持株会社である。東京都中央区に本店を置き、初代社長となる江頭敏明をはじめとする取締役13名、および、監査役5名の経営体制を採る[3]。

経営統合に伴い、三井住友海上グループの持株会社であった三井住友海上グループホールディングスが、MS&ADインシュアランスグループホールディングスへ商号変更の上、あいおい損害保険及びニッセイ同和損害保険を、株式交換により子会社化した。

MSは「三井住友」、ADは「あいおい(ニッセイ)同和」(2010年9月までは、「あいおい」と「(ニッセイ)同和」)から取ったものである。

2010年10月1日、傘下のあいおい損害保険とニッセイ同和損害保険が合併し、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社となった。また、グループ会社の三井住友海上きらめき生命保険とあいおい生命保険も2011年10月1日に合併[4]、三井住友海上あいおい生命保険株式会社となった[5]。
引用元:MS&ADインシュアランスグループホールディングス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MS%26AD%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9

2010年4月1日、三井住友海上、あいおい損保、ニッセイ同和損保の3社が、持株会社「MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社」を設立し、経営統合を行いました。これによって、MS&ADインシュアランスグループは、国内損害保険の正味収入保険料(※)の1/3を超えるシェアを持つ、最大の損害保険グループとしてスタートを切りました。

※正味収入保険料とは、損害保険会社の業績・売上規模を示す指標です。

合併は、両社の強みを融合した新たな会社のスタート、 経営統合は、体力を強化し、新しい領域に経営資源を投入すること
現在日本では、さまざまな業界で再編が行われ、「合併」「経営統合」などのニュースが経済誌を賑わせていますが、合併と経営統合は異なります。合併は、複数の企業が資本も組織も一つになり新しい会社としてスタートすること。2010年10月、あいおい損害保険とニッセイ同和損害保険は、合併によって「あいおいニッセイ同和損害保険」という一つの会社になりました。
三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は経営統合によって、損害保険ビジネスを行う上で欠かすことのできない事務やシステムを共有することで効率化を図り、海外事業や生命保険事業等の成長領域に経営資源を投入していきます。
引用元:MS&ADインシュアランスグループとは? | MS&ADインシュアランスグループ 新卒採用グループ情報 http://www.ms-ad-saiyou.com/info/