Chapter 11


日本の民事再生法に相当する
アメリカの法律は?
連邦破産法11章(答)
連邦破産法12章
連邦破産法14章
連邦破産法13章
42%

連邦倒産法第11章(れんぽうとうさんほうだい11しょう、アメリカ英語: Chapter 11, Title 11 of the U.S. Code)とは、アメリカ合衆国連邦倒産法(Title 11 of the U.S. Code – Bankruptcy)の第11章(Chapter 11; Reorganization)[1]のことを指し、本条項に基づき行われる倒産処理手続を指すこともある。省略して単に Chapter 11(チャプター・イレブン)と呼ばれることがある。

概要
日本の新聞・テレビ等で「11章」ではなく「連邦破産法11条」と訳されることがあるが、「Chapter(通常は”‘章”‘)」という言葉の意味としても、5万数千語[2]という実際の条文の長さや構造に照らしても、”条”は適切ではない。

再建型倒産処理手続を内容とするものであり、債務者自らが債務整理案を作成し、債務者主導の再建が可能である(いわゆる「DIP型」)点で、日本でいう民事再生法に相当する。会社に適用されることが想定された再建型倒産処理手続という意味で、日本の会社更生法に相当すると言われることもあるが、制度内容としては民事再生法が近い。

なお、本章は個人債務者にも適用可能であるが、手続の複雑さと費用の点から、殆どの場合、個人への適用は実務的ではなく、個人債務者は第13章に基づく債務整理を選択する。
引用元:連邦倒産法第11章 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E5%80%92%E7%94%A3%E6%B3%95%E7%AC%AC11%E7%AB%A0

Chapter 11 is a chapter of Title 11 of the United States Bankruptcy Code, which permits reorganization under the bankruptcy laws of the United States. Chapter 11 bankruptcy is available to every business, whether organized as a corporation, partnership or sole proprietorship, and to individuals, although it is most prominently used by corporate entities.[1] In contrast, Chapter 7 governs the process of a liquidation bankruptcy (although liquidation can go under this chapter), while Chapter 13 provides a reorganization process for the majority of private individuals.
引用元:Chapter 11, Title 11, United States Code – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Chapter_11,_Title_11,_United_States_Code