「ヴァルカモニカの岩絵群」イタリアの世界遺産 カモニカ渓谷 8000年に渡る線刻画

091rRNSgzwJgb
イタリアで最初の世界遺産である
◯◯◯◯◯◯◯の岩絵群?
ヴァルカモニカ

ヴァルカモニカの岩絵群(-いわえぐん)は、イタリア北部のアルプスの山麓にある世界遺産登録物件。イタリア初の世界遺産登録を果たしたものである。
>ヴァルカモニカ(Valcamonica, カモニカ渓谷)は、アルプスの山麓のオーリオ川(Oglio)沿いに約70kmに続いている渓谷である。この渓谷の岩に、約1万年前に彫られたと推定されているものから、ローマ帝国時代のアルファベットの彫られた岩まで約8000年間に渡る線刻画が残っている。
引用元: ヴァルカモニカの岩絵群 – Wikipedia.