イエレン


2014年に就任した
アメリカ連邦準備制度理事会議長
イエレン(答)
34%

ジャネット・ルイーズ・イエレン(Janet Louise Yellen、1946年8月13日 – )は、アメリカ合衆国の経済学者。第15代連邦準備制度理事会(FRB)議長(在任:2014年 – 2018年)。FRB史上初の女性議長である[1]。

ビル・クリントン政権の大統領経済諮問委員会委員長(在任:1997年 – 1999年)、サンフランシスコ連邦準備銀行総裁(在任:2004年 – 2010年)、連邦準備制度理事会の副議長(在任:2010年 – 2014年)を歴任した。ユダヤ人。

2014年 – 連邦準備制度理事会の議長となる[3]。任期は2018年2月3日まで。

FRBでの実務
2008年頃以降のアメリカの経済危機に対し、イエレンは前副議長として、マネタリーベースの大幅な増加による大規模な量的金融緩和政策に参画した(右図)。最終的にマネタリーベースは4兆ドルを超えた。この量的金融緩和政策はアメリカの経済を良好に回復させたとして高い評価が見受けられる。

バーナンキやイエレンが率いるFRBは長期にわたる金融緩和により、景気がある程度回復したと見ると、2013年末から月100億ドルずつの量的金融緩和の縮小を開始し、10ヶ月ほどで量的金融緩和によるマネタリーベースの増加は終了すると見られている。バーナンキの退任後、新議長になったイエレンはその方針を踏襲している(以上の叙述の文献はベン・バーナンキの項を参照)。
引用元:ジャネット・イエレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%B3

イエレン氏はFRBを中心に長く金融政策に携わってきた。1970年代にはハーバード大助教授からFRBの国際担当エコノミストに就任。FRB理事、サンフランシスコ連銀総裁などを歴任した後、2010年にはバーナンキ議長(当時)を支える副議長に就いた。雇用拡大を重視する「ハト派」の評価を高め、14年に議長となった。

 米国人としては小柄で、笑顔を絶やさない気さくな人柄でも知られた。夫はノーベル賞経済学者のジョージ・アカロフ氏で、国際会議などでの出張時には、夫婦そろって食事をとる姿がたびたび目撃された。多様な語彙で魅了したグリーンスパン氏らとは異なり、簡潔な発言を常に選び、透明な情報発信にも定評があった。

 金融政策面では慎重に「政策金利の正常化」(イエレン氏)を進めてきた。15年末には利上げを再開したものの、15年、16年と年1回の金融引き締めにとどめて、世界市場の動揺を回避。米株価は最高値圏に達し、今年10月には量的緩和で膨らんだ保有資産を圧縮する「量的引き締め」にも着手した。

 株高と景気回復を呼んだイエレン議長の手腕は、トランプ大統領も「素晴らしい」と高く評価していた。歴代政権は中央銀行の独立性に配慮。金融市場の動揺も避けるため、議長交代には二の足を踏みがちだった。オバマ前政権からの政策転換を印象づけたいトランプ氏はイエレン氏の交代に踏み切った。後を継ぐパウエル氏は市場の信認をつなぎ留める重い責務がある。
引用元:イエレン議長は1期で退任 異例の短命、緩和出口で功績  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23094030T01C17A1000000/