宇都宮


明治18年に、この日本で初めての
駅弁を販売したのは「何駅」?
(画像出題)
うつのみや(答)
56%

駅弁(えきべん)とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当のことで、1885年(明治18年)7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である[1][2]。

起源
日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説あるが、1885年(明治18年)7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」がこの日開業した日本鉄道宇都宮駅で握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んだものを発売したのが最初とされる[1][2][3]。そのため、宇都宮説による駅弁発売日である7月16日は「駅弁記念日」となっており、数多くの文献・Webが駅弁記念日を紹介する際に宇都宮説を紹介している[4]。
引用元:駅弁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%85%E5%BC%81