PISA 「国際学習到達度調査」 OECD『Programme for International Student Assessment』

070xmdFnxGWsA
OECD加盟国で、15歳の生徒を
対象にして行われている
「学習到達度調査」の
略称は?
PUKX
MAAT
WESA
→PISA
『Programme for International Student Assessment』

>OECD生徒の学習到達度調査( – せいとのがくしゅうとうたつどちょうさ、Programme for International Student Assessment, PISA)とは、経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査のこと。日本では国際学習到達度調査とも言われるが英語の原文は「国際生徒評価のためのプログラム」である。
>調査は、毎回メインテーマが存在し、読解力、数学的知識、科学的知識の順番でがメインテーマが移っていく。そのため、2000年は読解力、2003年は数学的リテラシー、2006年は科学的リテラシー、2009年は読解力、2012年は数学的リテラシーをメインテーマとして扱っており、2015年は科学的リテラシーをメインテーマで扱う予定である[1]。
引用元: OECD生徒の学習到達度調査 – Wikipedia

OECDが進めているPISA(Programme for International Student Assessment)と呼ばれる国際的な学習到達度に関する調査に、我が国も参加しており当研究所が調査の実施を担当しています。PISA調査では15歳児を対象に読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの三分野について、3年ごとに本調査を実施しています。

引用元: OECD生徒の学習到達度調査(PISA):国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research