「大曲市」「本庄市」かつて秋田に存在した市 角館町(かくのだてまち)「みちのくの小京都」秋田県仙北(せんぼく)市 

031oInMnzR
次のうち、かつて
秋田県に存在した都市を
1つ選びなさい
忽来市 なこそし 福島県に存在した市
亀田市 かめだし 北海道に存在した市
古川市 ふるかわし 宮城県に存在した市
大曲市(答)
本庄市(答)
黒磯市 くろいそし 栃木県に存在した市

WqrTEdL
引用元:全国都道府県別・市町村合併新旧一覧図|国土地理院 http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/gappei_index.htm

014wMEjzFHKqa
伝統的な建造物が多いことから
「みちのくの小京都」と呼ばれる
秋田県仙北市の地域は◯◯町?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
角館
「角館町」
かくのだてまち

大曲市(おおまがりし)は、秋田県に存在していた市である。2005年(平成17年)に周辺の町村と合併して大仙市となった。
>2005年(平成17年)3月22日 – 仙北郡神岡町・西仙北町・中仙町・協和町・南外村・仙北町・太田町との合併により大仙市が発足し消滅。大仙市大曲となった。
引用元:大曲市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9B%B2%E5%B8%82

本荘市(ほんじょうし)は、秋田県南部に位置し日本海に面していた市。 2005年(平成17年)3月22日に由利郡7町(矢島町・岩城町・由利町・西目町・鳥海町・東由利町・大内町)と合併し由利本荘市となった。
引用元:本荘市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E8%8D%98%E5%B8%82

秋田県仙北市の角館町は、仙北平野の北部に位置する城下町です。
玉川と桧木内川に沿いに市街地が拓け、三方が山々に囲まれたこの町は、歴史ある武家屋敷と桜並木が美しい、まさに「みちのくの小京都」と呼ぶにふさわしい風情を漂わせた観光名所です。
角館の今に続く町並みをつくったのは芦名(あしな)氏で1620年(元和6年)のことでした。町は「火除(ひよけ)」と呼ばれる広場を中心に北側は武家屋敷が建ち並ぶ「内町(うちまち)」に、南側は町人や商人が住む「外町(とまち)」に区分されました。
このかつての町割りが390年あまりたった今でもほぼ変わらず残っています。
「内町(うちまち)」は、築200年近い屋敷が建ち並び黒板塀に垂れ下がるしだれ桜が続きます。
この武家屋敷群の表通りは、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けており文化財として保護されています。
引用元: 小京都角館 | 一般社団法人 角館町観光協会.

小京都(しょうきょうと)とは、古い町並みや風情が京都に似ていることから、各地に名づけられた街の愛称である。室町時代以降、各地の大名が京都を真似た町づくりをし、それが小京都の起源となった。
小京都と呼ばれる地域が集まる団体として「全国京都会議」が存在する。全国京都会議は京都市を含む26市町により、1985年(昭和60年)に結成された。1988年(昭和63年)の第4回総会で加盟基準が次のように定められた。
京都に似た自然と景観
京都との歴史的なつながり
伝統的な産業と芸能があること
以上3つの要件の1つ以上に合致しておれば常任幹事会で加盟を承認される。全国京都会議には小京都のほか、「本家」である京都市も参加し、事務局を同市観光協会内においている。
>秋田県角館町(現・仙北市):角館 – 「みちのくの小京都」と称される。
>新潟県加茂市 – 「越後の小京都」と称される。
>兵庫県出石町(現・豊岡市):出石 – 「但馬の小京都」と称される。
>兵庫県龍野市(現・たつの市龍野地区) – 「播磨の小京都」と称される。
>高知県中村市(現・四万十市中村地区) – 「土佐の小京都」と称される。
>島根県鹿足郡津和野町 – 「山陰の小京都」と称される。
>山口県山口市 – 「西の京」と称される。
>鹿児島県知覧町(現・南九州市) – 「薩摩の小京都」と称される。
>岐阜県高山市 – 「飛騨の小京都」と称される。
>広島県竹原市 – 「安芸の小京都」と称される。
引用元: 小京都 – Wikipedia.