歌志内市


日本で最も人口が多い市は
横浜市ですが
最も人口が少ない市は◯◯◯市?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
うたしない(答)
65%

歌志内市(うたしないし)は北海道空知地方にある市である。

概要
かつては、年間生産量約70万トンの石炭産業で栄え、ピーク時の1948年には約46,000人の人口を記録。その後、石炭産業の衰退により減少した[1]。

1981年(昭和56年)以降、長らく人口が1万人に満たない唯一の市だった。同じ空知管内の2012年10月に三笠市[2]、2013年6月に夕張市が人口1万人を割り込んだため唯一ではなくなったものの、2007年11月には北海道の町制施行基準である人口5千人を、2014年には4千人も割り、日本一人口の少ない市である[3]。

近年はかもい岳国際スキー場・市営かもい岳温泉など、観光開発に力を入れている。しかし、2009年度には財政健全化団体に指定されるなど、厳しい財政状況に立たされている。なお、財政再建団体への指定は免れている。

市名の「歌志内」はアイヌ語の「オタ・ウシ・ナイ」(砂浜・についている・川)に由来する。なお、これを意訳した地名が「砂川」である。市内を流れる「ペンケウタシュナイ(上歌志内)川」がこれに該当する。 現在はスイスのチロルをイメージした街造りをしている。
引用元:歌志内市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%BF%97%E5%86%85%E5%B8%82