アフェウェルキ


1993年からエリトリアで独裁
政権を築いている初代大統領
アフェウェルキ(答)
13%
Isaias Afewerki

イサイアス・アフェウェルキ(ティグリニャ語(ゲエズ文字):ኢሳይያስ ኣፈወርቅ、ラテン文字:Isaias Afewerki、1946年2月2日 – )はエリトリアの政治家で初代大統領。民主正義人民戦線(PFDJ)書記長。

経歴・人物
アスマラ出身。エチオピアのアディスアベバで技術者の訓練を受け、1966年からはエリトリア解放戦線(ELF)に参加。1967年中国に留学し毛沢東思想や軍事知識を学ぶ[1]。1969年ELF総司令官となったが、1973年分派のエリトリア解放人民戦線(EPLF、現在のPFDJ)の創設に参加。独立をめぐるエチオピアとの争いを経て1987年3月にEPLF書記長。1991年のエチオピア社会主義政権崩壊後のエリトリアの独立に伴い、1993年6月から同国大統領に就任。

イサイアスはエリトリアを軍事国家とし、完全な国民皆兵制度を敷いており、国民は男女を問わず全員無期限の兵役または政府事業での労役が義務付けられている。これは事実上の強制労働であり、圧政から逃れるため、毎月2000人近くのエリトリア人が国外に脱出しており、ヨーロッパを目指し地中海を渡ろうとして遭難死する事故が後を絶たない[3][4]。
引用元:イサイアス・アフェウェルキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%AD