まつしげちょう



徳島空港がある徳島県の町です
松茂町
まつしげちょう(答)
51%

松茂町(まつしげちょう)は、徳島県の北東部、徳島市と鳴門市の間に位置し、徳島空港を擁する徳島の玄関口である。本項では町制前の名称である松茂村(まつしげそん)についても述べる。

概要
徳島市と鳴門市の中間に位置しており東側は紀伊水道に面しており、両市のベッドタウンとなっている。吉野川から形成される三角州が町の大部分を占めている。また、干拓によって新田開発されている農業地帯であるが、徳島飛行場と徳島とくとくターミナルが完成すると陸上と航空の交通の要所になった。[1]
引用元:松茂町 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E8%8C%82%E7%94%BA

位置・地勢
松茂町は、徳島県の東部にあり、鳴門市、板野郡、徳島市の二市一郡に囲まれ町の東側は海に面しています。町域は東西5.5km、南北6.5kmで、総面積は14.24平方キロメートル、町内を旧吉野川と今切川が流れ、肥沃な三角州が町の大部分を占めています。

その昔松茂町は、吉野川河口の三角州として形成された低地で、干拓によって新田開発がなされ土地が造成されました。その際、堤を築き多くの松が植栽されました。
その姿から「松茂村」と命名され、その後「松茂町」に発展しました。

産業は水産業や農業は昔から盛んに行われているほか、工業団地に多くの企業が立地され活発です。また、町内には徳島県の空の玄関としての徳島空港や、陸の玄関として近年役目が増えた高速バスターミナルを擁し、徳島県の交通の要所として、人の往来も盛んです。
引用元:町の概要 | 松茂町 http://www.town.matsushige.tokushima.jp/docs/2015111800355/