ワイツゼッカー ロマン・ヘルツォーク クリスティアン・ヴルフ



次の人物を
ドイツの大統領を務めた
順に選びなさい
ワイツゼッカー
ロマン・ヘルツォーク
ヨハネス・ラウ
ホルスト・ケーラー
クルスティアン・ヴルフ
ヨアヒム・ガウク
シュタインマイヤー
32%


次の人物を
イタリアの大統領を務めた
順に選びなさい
エンリコ・デ・ニコラ
ルイジ・エイナウディ
アレッサンドロ・ベルティーニ
フランチェスコ・コッシガ
オスカル・スカルファロ
カルロ・チャンピジョルジョ・ナポリターノ


イタリア共和国の第2代
大統領を務めた政治家です
エイナウディ(答)

ドイツ民主共和国の国家元首
ドイツ民主共和国(東ドイツ)の国家元首は建国当初、共和国大統領(Präsident der Republik)であったが、大統領ヴィルヘルム・ピークの死去直後の1960年9月12日、同国は憲法を改正してソビエト方式へ移行。人民議会が選出する国家評議会を最高機関と定め、国家評議会議長を事実上の国家元首とした。このため、ピークは同国の最初で最後の大統領となった。

1990年4月5日、事実上初めての民主的な自由選挙によって選ばれた人民議会が憲法改正を行い、国家評議会制度は廃止された。その際大統領制の復活も検討されたが、東ドイツの解体がほぼ決定的であったため、新たに正式な国家元首の選出を行うことを断念し、憲法に第75a条を挿入し「共和国大統領の地位、任務及び権限に関する法律が議決されるまで、及び共和国大統領の選挙までは、ドイツ民主共和国人民議会の幹部会が国家評議会の権限を行使し、人民議会の議長が国家評議会議長の権限を行使する[1]」とされた。このため人民議会議長のザビーネ・ベルクマン=ポールが、1990年10月2日の民主共和国解体まで暫定的な国家元首として扱われていた。
引用元:ドイツの国家元首一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%85%83%E9%A6%96%E4%B8%80%E8%A6%A7

リヒャルト・カール・フライヘア・フォン・ヴァイツゼッカー(Richard Karl Freiherr von Weizsäcker、1920年4月15日 – 2015年1月31日)は、ドイツの政治家、貴族(男爵)。キリスト教民主同盟(CDU)所属。西ベルリン市長(在任:1981年 – 1984年)、第6代連邦大統領(在任:1984年 – 1994年)を歴任。
引用元:リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%BC%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

ローマン・ヘルツォーク(Roman Herzog、 1934年4月5日 – 2017年1月10日[1]) は、ドイツの法学者、政治家である。連邦憲法裁判所長官(1987‐94年)、第7代連邦大統領(1994年‐1999年)を歴任。所属政党はドイツキリスト教民主同盟。
引用元:ローマン・ヘルツォーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF

ヨハネス・ラウ(Johannes Rau, 1931年1月16日 – 2006年1月27日)は、ドイツの政治家。所属政党はドイツ社会民主党。ノルトライン=ヴェストファーレン州の州首相(1978年 – 1998年)。第8代連邦大統領(1999年7月1日‐2004年6月30日)。

国民的人気が高く、移民・難民受け入れに関しても積極的な発言を続け、ドイツ・トルコ間の親善にも尽力した。また2000年にドイツの元首としては、初めてイスラエル国会でドイツ語の演説をした。これ以外にキリスト教的倫理観の立場からクローンなどの生命倫理に関する問題への発言も多かった。
引用元:ヨハネス・ラウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A6

ホルスト・ケーラー(Horst Köhler、1943年2月22日 – )は、ドイツの官僚、政治家で第9代連邦大統領。任期は2004年7月1日から。経済家で、2000年から2004年3月まで国際通貨基金 (IMF) 専務理事を務めたため、アメリカ合衆国で生活した経験を持つ。キリスト教民主同盟 (CDU) の党員。

2010年5月31日、アフガニスタンでのドイツ連邦軍の活動に関する発言で批判を受け、任期半ばで辞任した。
引用元:ホルスト・ケーラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

クリスティアン・ヴィルヘルム・ヴァルター・ヴルフ(Christian Wilhelm Walter Wulff, 1959年6月19日‐)は、ドイツ連邦共和国の政治家、第10代連邦大統領。所属政党はドイツキリスト教民主同盟 (CDU)。2003年より2010年までニーダーザクセン州首相を務めた。ホルスト・ケーラーの辞任に伴い、後任の連邦大統領に選任され、ドイツ連邦共和国建国以来最年少での就任であった[1]。
引用元:クリスティアン・ヴルフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%83%AB%E3%83%95

ヨアヒム・ガウク(ドイツ語: Joachim Gauck、1940年1月24日 – )は、ドイツの政治家、ドイツ福音主義教会牧師。第11代連邦大統領(在任:2012年 – 2017年)。
引用元:ヨアヒム・ガウク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%AF