ミット・ロムニー


2012年のアメリカ大統領選挙で
共和党の大統領候補として
オバマと争った政治家は
ミット・◯◯◯◯?
ーロンニマ
イバムデケ
ロムニー(答)
33%

2008年アメリカ合衆国大統領選挙(2008ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2008)は、2008年11月4日に実施された、アメリカ合衆国大統領およびアメリカ合衆国副大統領を選出するための選挙である。本項では、当該11月4日の本選挙に政党の候補者として立候補する候補を選出する一連の予備選挙を含めて述べる。本選では民主党のバラク・オバマ上院議員(副大統領候補はジョセフ・バイデン上院議員)と共和党のジョン・マケイン上院議員(副大統領候補はサラ・ペイリンアラスカ州知事)が対決し、オバマが選挙人投票でマケインに大差をつけ勝利した。
引用元:2008年アメリカ合衆国大統領選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2008%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

2012年アメリカ合衆国大統領選挙(2012ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2012)は、2013年1月20日にアメリカ合衆国実施された、大統領および副大統領を選出する選挙である。

2012年11月6日に一般投票が行なわれ、民主党現職のバラク・オバマ大統領とジョー・バイデン副大統領の再選が大差で確定した。
引用元:2012年アメリカ合衆国大統領選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2012%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2016)は、2016年11月8日にアメリカ合衆国で実施された、大統領および副大統領を選出する選挙である。

2期にわたって大統領を務めたバラク・オバマの立候補はアメリカ合衆国憲法修正第22条の規定によって認められないため、民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが対決し、多くの世論調査を覆しドナルド・トランプが勝利した。

得票数ではクリントンがトランプを上回っていたが、選挙人獲得数ではトランプがクリントンを上回っており、トランプの勝利が確定した。得票数で対立候補を下回った候補が選挙人獲得数により大統領に指名されるのは、ジョージ・W・ブッシュがアル・ゴアを破った2000年アメリカ合衆国大統領選挙以来16年ぶりとなる。

選挙人投票ではトランプが獲得した選挙人のうち2人がトランプへの投票を拒否し、クリントンが獲得した選挙人のうち5人も造反した。そのため、史上最多となる計7人の誓約違反投票が確認された。
引用元:2016年アメリカ合衆国大統領選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

ウィラード・ミット・ロムニー(Willard Mitt Romney, 1947年3月12日 – )は、アメリカ合衆国の実業家、政治家、元マサチューセッツ州知事(第70代、2003年 – 2007年)。所属政党は共和党。2008年アメリカ合衆国大統領選挙候補者。2012年アメリカ合衆国大統領選挙共和党候補。

2012年大統領選
2012年大統領選への再出馬が取り沙汰される中、各種世論調査でも高い人気を集めて有力候補の一人として位置づけられていたが、2011年4月には大統領選の準備委員会設立を発表し、事実上の出馬表明をした[8]。

2011年夏から共和党指名獲得レースが本格化、有力候補が激しく入れ替わる混戦の様相を呈する中、ロムニーは相対的に安定した支持率を保ってきた。しかし前回と異なり最有力候補として臨んだ選挙戦では、穏健派としての前歴を厳しく問われることが多く、特に共和党が党を挙げてオバマ政権の国民皆保険導入を批判する中で、前述のマサチューセッツ州知事時代の州皆保険導入の実績が強い批判に晒され、特に党内で影響力を拡大したティーパーティーから猛烈な攻撃を受けた。一方で経済政策などの評価は高く、ウォール街からも全面的な支持を受けており、資金面では他の候補を圧倒している。しかし、中華人民共和国の為替操作国認定を発言する一方で自身が創業したベインキャピタルが自社所有工場を中国に移転させたこと[9]など経済政策との矛盾が大統領選で注目されることもあった。また、本選でオバマに勝てる候補として中道寄りのロムニーを本命視する向きが強かった。

2012年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙では、緒戦の2012年1月4日のアイオワ州党員集会でリック・サントラムに僅差で敗北したのを始めとして、保守的な州を多く落とすなど苦慮することもあったが、概ね安定して選挙人を獲得していき、3月のスーパー・チューズデーで大票田オハイオ州など6州で勝利。4月10日に2位のサントラムが選挙戦からの撤退を表明し、次いで5月2日にニュート・ギングリッチも撤退し、非主流の立場で指名獲得は難しいとされるロン・ポール以外の他有力候補が消えた。5月29日のテキサス州での勝利により、指名に必要な代議員数(過半数)を確保した。8月11日には、保守派層の人気が高いとされるポール・ライアン下院議員を副大統領候補とすることを発表した[10]。8月30日に共和党候補指名を受けこれを受諾[11]、現職のバラク・オバマと大統領の座を争ったが、11月6日に執行された選挙で敗北を認めた。
引用元:ミット・ロムニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%BC

ジョセフ・ロビネット “ジョー” バイデン・ジュニア(Joseph Robinette “Joe” Biden, Jr., 1942年11月20日 – 、発音/’dʒoʊsəf rɒbɪ’nɛt ‘baɪdən/)は、アメリカの政治家。アメリカ合衆国第47代副大統領を2009年から2017年まで務めた。デラウェア大学、シラキューズ大学ロースクール卒業。連邦上院議員(デラウェア州選出、1973年 – 2009年1月15日)。所属政党は民主党。アイルランド系移民の子孫であり、ローマ・カトリック信徒。妻はジル・バイデン、長男はデラウェア州司法長官を2期務め2015年5月30日に死去したボー・バイデン[1]。

民主党中道派を代表する[2]大物政治家として知られ、上院議員としては当選回数7回・議員生活36年を誇ったベテランである。上院議員時代には、司法委員長(1987年 – 1995年)や外交委員長(2001年 – 2003年,2007年 – 2009年1月3日,2009年1月3日 – 1月20日)を歴任するなど、まさしく上院民主党の“重鎮”として重きをなした。

2008年アメリカ合衆国大統領選挙では、民主党バラク・オバマ候補の副大統領候補に指名され、同年11月4日(現地時間)の投開票においてオバマ候補が当選したことに伴って第47代副大統領に決定、2009年1月20日(現地時間)に正式に就任した。この就任に伴い、アメリカ建国以来初のローマ・カトリック教徒の副大統領になると共に、初のデラウェア州出身の副大統領ともなった。
引用元:ジョー・バイデン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3

ジョン・シドニー・マケイン3世(英語: John Sidney McCain III、1936年8月29日 – )は、アメリカ合衆国の政治家。パナマ生まれ。海軍兵学校卒業。連邦下院議員(1983年 – 1987年)、連邦上院議員(アリゾナ州選出、1987年 – )。

選挙の敗北・その後の政治活動
2008年11月5日、一般投票の開票状況から民主党のオバマが当選確実であるとする速報をTV各社が流すと、マケインは支持者を前にオバマの勝利を祝福する旨宣言した。

この演説においてマケインは自らの支持者にオバマの新政権への協力を要請した。敗北宣言を行なった後、マケインがステージを去る際には、黒人副長と確執していた白人艦長が自らの非を認め和解してエンディングを迎える映画『クリムゾン・タイド』のメインテーマ(作曲:ハンス・ジマー)が会場内に流されていた。後日確定した結果は、選挙人獲得数173‐365、得票率46%‐53%の差であった。

同年11月25日、地元・アリゾナ州で記者会見を行い、2010年に予定される次期上院選で5選を目指す考えを明らかにし、安全保障政策の視察のためイラクとアフガニスタンを早期に訪問する意向も同時に示した。ただ、2010年8月の共和党予備選では、過去の遺産税廃止や不法移民政策への反発から、同党の元下院議員・ジョン・ヘイワースの猛追を受け苦戦[50]。3月には関係悪化が囁かれていたサラ・ペイリンが応援に駆けつけた。同党予備選ではペイリンの他、かつての政敵であるミット・ロムニーを始め、スコット・ブラウン、ティム・ポーレンティー、地元アリゾナ州議員の多数がマケインを支持している。予備選では過去に例を見ない苦戦を強いられたが、かつては積極推進の立場にあった不法移民合法化政策を転換、アリゾナ州議会が同年4月に制定した「新移民法」についても理解を示し、終盤で支持を拡大した[51]。 この時点でマケインの5選は確実となり[52]、11月2日に行われた本選では59.1%の得票率で当選した[53]。

2012年大統領選の共和党予備選ではミット・ロムニーを支持した。なお、2008年大統領選の共和党予備選では撤退後のロムニーから支持を得ていた。
引用元:ジョン・マケイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3