福井県


次のうち、これまでに総理大臣を
一人も輩出していない県は?
福井県 岡田啓介
石川県 森 喜朗ほか
新潟県 田中角栄
富山県(答)
51%

2.首相の出身県

 ここでは、戦前戦後を通じた過去62人の首相の出身県を図録にした。

 最も多いのは明治維新の主導地域長州の山口県で8人であり、東京都が5人、岩手県が4人で続いている。戦後は群馬県が4人で最多である。

 地域ブロックでは、明治維新の震源地であった中四国・九州が多く、幕府側の抵抗拠点があった北海道・東北、関東以北は、比較的少ないという傾向がやや見うけられる。北海道・東北の中で岩手だけが4人と多いのも目立っている。この他、兵庫、奈良、和歌山、鳥取といった近畿周辺も空白地域としてやや目立つ。

 空白県は19道県と、47都道府県のうち40.4%を占める。
引用元:図録▽歴代首相(総理大臣)の出身県 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5237.html