枝野幸男 藤村修 菅義偉


次の人物を
内閣官房長官を務めた順に
選びなさい
枝野幸男
藤村修
菅義偉
33%

77 平野博文 鳩山由紀夫内閣
78 仙谷由人 菅内閣 菅内閣第1次改造内閣
79 枝野幸男 菅内閣第2次改造内閣
80 藤村修 野田内閣 第1次改造内閣 第2次改造内閣 第3次改造内閣
引用元:歴代の内閣官房長官 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%86%85%E9%96%A3%E5%AE%98%E6%88%BF%E9%95%B7%E5%AE%98

菅義偉官房長官の在職日数が7日、1290日となり、森、小泉両内閣で官房長官だった福田康夫氏を抜いて歴代最長となった。派閥に所属せず、いまや名実ともに安倍政権の“大番頭”として重要局面で絶大な影響力を持つ存在となった菅氏。だが、同日の記者会見では「私に力があるとは全く思っていない」と謙遜した。
引用元:菅義偉官房長官の在職日数歴代トップ1290日に「私に力があるとは全く思っていない」「派閥の時代は完全に終わった」(1/3ページ) – 産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/160707/plt1607070019-n1.html

内閣官房長官(ないかくかんぼうちょうかん、英語: Chief Cabinet Secretary)は、内閣法に基づき内閣に置かれる内閣官房の長。現任は菅義偉。前任は藤村修。

国務大臣をもって充てることとされ、内閣を構成する閣僚の一員でもある。

職務
内閣官房長官は、内閣官房の事務を統轄し、所部の職員の服務につき、これを統督する(内閣法13条)。ただし、内閣官房の内閣法上の主任の大臣は内閣総理大臣である(内閣法25条)。

内閣官房の事務は行政府のほとんどすべての領域に及びうる為、それを統括する官房長官の職務も極めて広範に渡りうる。今日の官房長官が果たしている特に重要な機能として、以下のようなものが挙げられる。

内閣の諸案件について行政各部の調整役。
同じく諸案件について、国会各会派(特に与党)との調整役。
日本国政府(内閣)の取り扱う重要事項や、様々な事態に対する政府としての公式見解などを発表する「政府報道官」(スポークスパーソン)としての役割。
執務室は総理大臣官邸5階にあり、特別職の国家公務員である国務大臣秘書官1人[注釈 2]が割り当てられている。また希望に応じて特別職の大臣補佐官1人を補佐に当たらせることが出来る。閣議では進行係を務める。

このほか、内閣府(大臣委員会及び特命担当大臣の所掌部署を除く)の事務の総括整理も担当することとされており(内閣府設置法8条)、具体的には大臣官房、賞勲局、迎賓館、官民人材交流センター、再就職等監視委員会、国際平和協力本部、宮内庁、公正取引委員会などを所管する。

総理大臣官邸の敷地内に官房長官公邸が2002年(平成15年)3月から設置されており、緊急事態が発生した場合に官房長官が宿泊して迅速に対応する場合等に活用してきた例はあるが、常住施設としては使われたことがない[1]。
引用元:内閣官房長官 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E5%AE%98%E6%88%BF%E9%95%B7%E5%AE%98