イオニア海 アーミンガー海


次のうち、大西洋の
付属海を全て選びなさい
イオニア海(答)
コロ海
バンダ海
サルガッソー海(答)
サルディーニャ海(答)
バルト海(答)
アイリッシュ海(答)
リグリア海(答)
アーミンガー海(答)
ティレニア海(答)
ラブラドル海(答)
ノルウェー海(答)
タスマン海
ベリングウスハウゼン海
カラ海
バレンツ海
28%


次のうち、太平洋の
付属海を全て選びなさい
日本海(答)
オホーツク海(答)
フィリピン海(答)
黄海(答)
渤海(答)
東シナ海(答)
ジャワ海(答)
ベーリング海(答)
アラフラ海(答)
バンダ海
コロ海(答)
セレベス海(答)
スールー海(答)
モルッカ海(答)
北海
アラビア海
ティモール海
ボーフォート海
アドリア海
ロス海
アンダマン海
ラブラドル海

一問多答
次のうち、インド洋の
付属海を全て選びなさい
アンダマン海(答)
紅海(答)
アラビア海(答)
ティモール海(答)
黄海
ティレニア海
リグリア海
サルディーニャ海

付属海
ふぞくかい
adjacent sea

大洋と異なり,面積が小さく,顕著な独自の海流系や潮汐をもたない海。多くはそれが属している大洋からの影響を受ける。付属海は一般に地中海と縁海とに分けられ,前者には北極海,ヨーロッパ地中海,後者にはベーリング海,オホーツク海,日本海などがある。
引用元:付属海(ふぞくかい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BB%98%E5%B1%9E%E6%B5%B7-124872

大西洋(たいせいよう、英: Atlantic Ocean、羅: Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。

地理

大西洋
大西洋の面積は約8660万平方km。これはユーラシア大陸とアフリカ大陸の合計面積よりわずかに広い面積である。大西洋と太平洋との境界は、南アメリカ大陸最南端のホーン岬から南極大陸を結ぶ、西経67度16分の経線と定められている。また、インド洋との境界は、アフリカ大陸最南端のアガラス岬から南極大陸を結ぶ、東経20度の経線と定められている。そして、南極海との境界は、南緯60度の緯線と定められている[1]。大西洋の縁海としては、メキシコ湾やカリブ海を含むアメリカ地中海、地中海、黒海、バルト海があり、縁海との合計面積は約9430万平方kmである。大西洋の幅が一番狭くなるのはアフリカ大陸西端と南アメリカ大陸北東端の間であり、距離は約2870㎞である[2]。
引用元:大西洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E6%B4%8B