ジョージ・ワシントン ハリー・S・トルーマン ロナルド・レーガン


次のアメリカ海軍の
ニミッツ級原子力空母を
就役が早い順に選びなさい
ドワイト・D・アイゼンハワー
セオドア・ルーズベルト
エイブラハム・リンカーン
ジョージ・ワシントン
ハリー・S・トルーマン
ロナルド・レーガン
33%

ニミッツ級航空母艦(ニミッツきゅうこうくうぼかん、英語: Nimitz-class aircraft carrier)は、アメリカ海軍の原子力空母の艦級である。世界で初めて量産された原子力空母であり、1番艦の起工から10番艦の就役まで、実に40年以上の期間にわたって順次に改正されつつ全10隻が建造された。世界最大級の軍艦としても知られる。

途中で工法や設計の変更が行われたことから、小分類として4~8番艦をセオドア・ルーズベルト級、9・10番艦をロナルド・レーガン級と呼ぶこともある。
引用元:ニミッツ級航空母艦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%84%E7%B4%9A%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%AF%8D%E8%89%A6

ニミッツ級(Nimiz class)とは、アメリカ海軍のUSSニミッツを始めとする量産型原子力航空母艦である。
名前は太平洋戦争時の太平洋艦隊司令長官「チェスター・ニミッツ」に因む。

アメリカ海軍が世界初の原子力空母USSエンタープライズ(CVN-65)の後に建造した世界初の量産型原子力空母シリーズ、及びその艦級。

横須賀港に停泊するジョージ・ワシントンただし、4番艦USSセオドア・ルーズベルト以降は、1番艦USSニミッツ~3番艦USSカール・ヴィンソンまでと若干構造が異なるため、改ニミッツ級、セオドア・ルーズベルト級とも呼ばれているらしい。
また、9番艦USSロナルド・レーガンからも若干構造が変化しているともいわれ、最終10番艦USSジョージ・H・W・ブッシュは次世代空母USSジェラルド・R・フォード及びジェラルド・R・フォード級のテストベッド的に様々な新装備を装備している。もっとも予算不足等の様々な理由から、当初考えられていたようなステルス形状や電磁カタパルトなど見送られたものも多い。

アメリカ海軍を代表する軍用艦艇でもあるので、映像作品や映画などに多く取り扱われる艦の一つともいえるだろう。

第二次大戦からのアメリカ空母の集大成のようなデザインであり、搭載機数は75機から90機(空母、作戦等によって搭載機数は異なる)。USSニミッツは1975年に就役、退役は2033年を予定している。つまり改装を続けながら50年以上運用される原子力空母となるわけであり、最近の艦の長命ぶりが窺い知れる。
引用元:ニミッツ級とは (ニミッツキュウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%8B%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%84%E7%B4%9A