【山陽自動車道】佐波川SA


次のサービスエリアを
高速道路ごとに
グループ分けしなさい
57%

山陰自動車道山陽自動車道阪和自動車道
岸和田SA
宮島SA
佐波川SA
宍道湖SA

岸和田サービスエリア(きしわだサービスエリア)は、大阪府岸和田市の阪和自動車道上にあるサービスエリアである。

E26 阪和自動車道
(16) 岸和田和泉IC – 岸和田本線TB – 岸和田SA – (17)貝塚IC
引用元:岸和田サービスエリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E5%92%8C%E7%94%B0%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2

宮島サービスエリア(みやじまサービスエリア)は広島県廿日市市上平良字広池の山陽自動車道上にあるサービスエリア。

宮島SAスマートインターチェンジが併設されている。

概要
2011年(平成23年)11月1日に本SAの上り線に株式会社旅籠屋が経営するホテル「ファミリーロッジ旅籠屋 宮島SA店」がオープン[1]。国内5番目、西日本高速道路管内では2番目のハイウェイホテル(高速道路に直結したホテル)となった。
引用元:宮島サービスエリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B3%B6%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2

佐波川サービスエリア(さばがわサービスエリア)は山口県防府市佐野の山陽自動車道上にあるサービスエリア。

概要
山陽自動車道のSAで唯一レストランがない、ガソリンスタンドが24時間営業でないなど、比較的規模が小さく、パーキングエリアなみの施設にとどまっている。

上下集約型エリアではないが、上下線どちらの施設も道路の山側に位置しており、下り線の施設は本線をオーバークロスして上り線の施設の山側へ行く構造となっている。

2007年(平成19年)2月13日11:00に上下線を行き来するための連絡通路(歩行者専用道路)が完成し、施設は駐車場・ガソリンスタンドを除き、上下線から相互利用が可能となった。
引用元:佐波川サービスエリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E6%B3%A2%E5%B7%9D%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2

宍道湖サービスエリア(しんじこサービスエリア)は、島根県松江市玉湯町湯町の山陰自動車道有料区間唯一の休憩施設である。

概要
管理者は松江市が出資する第三セクターの株式会社玉造温泉ゆうゆである。上り線は松江城、下り線は出雲大社をイメージした建物となっている。

道路
E9 山陰自動車道
引用元:宍道湖サービスエリア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8D%E9%81%93%E6%B9%96%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2