西川善文、斎藤次郎、坂篤郎、西室泰三

次の人物を
日本郵政の社長を
務めた順に選びなさい
西川善文
斎藤次郎
坂篤郎
34%


次の人物を
日本郵政の社長を
務めた順に選びなさい
西川善文
斎藤次郎
坂篤郎
西室泰三
32%

日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、英語: Japan Post Holdings Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。公共企業体の日本郵政公社が前身。

愛称は「JP 日本郵政」(英通称はJP HOLDINGS)。コーポレートカラーは「ゆうせいレッド」。
引用元:日本郵政 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%83%B5%E6%94%BF

郵政の社長といえば、極めて政治色が濃い。小泉改革、民主党政権、そして自民党の政権復帰という政界の荒波に、人事も翻弄されてきた。郵政公社から株式会社に姿を変えた日本郵政の初代社長には、元三井住友銀行頭取の西川善文氏が就いたが、2009年に民主党が政権を奪取して状況は一変。

郵政民営化に反対して自民党を離れた国民新党の亀井静香郵政担当相(当時)が、大蔵省(現財務省)事務次官を務めた斎藤次郎氏を社長に起用、自民党政権復帰直前の2013年12月、斎藤氏は大蔵省の後輩の坂篤郎氏を副社長から後任社長に昇格させた。ところが、官房長官に内定していた菅義偉幹事長代行(当時)が「財務省出身者によるたらい回し人事だ」と批判するなど自民党は激怒し、結局、坂氏は翌2013年6月に半年で退任させられ、当時郵政民営化委員長だった西室氏が社長に就いた経緯がある。この時も、三菱東京UFJ銀行の畔柳信雄・元会長、野村證券の古賀信行会長といった金融界の重鎮に固辞され、西室氏にお鉢が回ったといわれる。
引用元:全文表示 | 西室泰三・日本郵政社長退任に見え隠れする「東芝問題」 「株式会社」後も政治に翻弄され続ける人事 : J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2016/03/28262512.html?p=all

長門 正貢(ながと まさつぐ、1948年11月18日 – )は、日本の実業家。日本郵政代表執行役社長。

富士重工業代表取締役副社長、シティバンク銀行取締役会長、ゆうちょ銀行代表執行役社長等も歴任。

2015年5月11日、同年秋のゆうちょ銀行上場を控え金融に精通していることのほか、北米でスバルの販売拡大を主導したことさらに、シティバンク銀行の経営再建に尽力したことが評価され、ゆうちょ銀行社長に就任[14][15]。国立大学法人一橋大学経営協議会委員なども務める。

2016年4月1日付で、西室泰三日本郵政社長の病気による退任に伴い、ゆうちょ銀行の代表執行役社長職を退き(取締役としては留任)、後任の日本郵政取締役兼代表執行役社長に就任した。日本郵便取締役兼務。6月からかんぽ生命取締役も兼務[16][17]。
引用元:長門正貢 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%96%80%E6%AD%A3%E8%B2%A2