チャパキディック事件


1969年にケネディ元大統領の弟が
自動車事故を起こし、同乗の女性
が亡くなった事件のことを
◯◯◯◯◯◯◯◯事件という?
ッキデチィクャパ
チャパキディック
31%

チャパキディック事件(チャパキディックじけん、英語:Chappaquiddick incident)とは、1969年7月にアメリカ合衆国のマサチューセッツ州で発生した、飲酒運転の末に起きた自動車事故と死体遺棄及び不倫スキャンダル。事故を起こした運転者のエドワード・ケネディ上院議員は、この事件により大統領への道を事実上永遠に閉ざされた。

自動車事故[編集]

マフィアと組んだ密造酒製造で財を成した大富豪のジョセフ・P・ケネディの9人の子供の末っ子であり、元大統領のジョン・F・ケネディと元司法長官のロバート・ケネディの弟で、マサチューセッツ州選出の連邦上院議員であるエドワード・ケネディは、同州のナンタケット湾にあるチャパキディック島で、1969年7月18日の夜から深夜にかけて男女12人が参加して開催されたホームパーティーに参加した。

パーティーの最中にケネディは、前年に暗殺された兄のロバート・ケネディのかつての大統領選挙スタッフであったマリー・ジョー・コペクニとともにパーティー会場を抜け出し、専用車のオールズモビル88を飲酒運転しコペクニとともに走り去り、その後、自らの別荘のある富裕層の別荘地としても有名なマーサズ・ヴィニヤード島との間にかかるダイク橋を渡ろうとして橋から転落した。

現場からの逃亡と救助放棄[編集]

脱出したケネディは、事故現場のダイク橋から少し離れた場所に住居があったにもかかわらず、なぜか助けを求めなかったばかりか警察や救急、沿岸警備隊などへの通報も行わず、急遽パーティー会場に走って戻り、他のパーティー参加者とともにコペクニを捜索した。

しかし、水没したオールズモビル88もコペクニも発見できなかったため、ケネディとその仲間たちは宿泊していたホテルに戻った。さらに、その後もケネディとその仲間たちは警察などへの事故と水没、コペクニの遭難の通報を一切行わないまま放置し続けた。

しかし翌朝になり、ダイク橋近くに水没していたオールズモビル88を発見した地元住人が警察に通報し、付近の捜索が行われた結果、コペクニの死体が発見された。また、回収されたオールズモビル88のナンバープレートから自動車の持ち主が割り出され、調査の結果、前日の晩にケネディが運転していたことが明らかになった。
引用元:チャパキディック事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%91%E3%82%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6