ブシェール


2011年に稼働を開始した
イラン初の原子力発電所は
「◯◯◯◯◯原子力発電所」?
ェブシルー
ブシェール(答)
22%
Bushehr Nuclear Power Plant

ブーシェフル原子力発電所(ブーシェフルげんしりょくはつでんしょ、ペルシア語: نیروگاه اتمی بوشهر‎ , 英語: Bushehr Nuclear Power Plant)は、イラン南西部のブーシェフル郊外、ペルシャ湾岸にある同国初の原子力発電所である。日本のマスコミ報道などでは、英語発音でブシェール原子力発電所と表記される。

沿革[編集]
1974年、ドイツ企業シーメンスの設計により建設が始まったが、1979年2月のイラン革命で中断した。1980年代のイラン・イラク戦争の際に空爆を受け大きく破壊された。1995年にロシアの国営原子力企業ロスアトムの援助で軽水炉建設が再開され完成した。当初1999年稼働開始予定だったが、再三延期された[1][2]。
引用元:ブーシェフル原子力発電所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%AB%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

ブーシェフル(ペルシア語: بوشهر‎; Būshehr)はイラン南西部ペルシア湾岸の都市で、人口は2005年に165,377人[1]。ブーシェフル州の州都で、イランの主要海港でもある。テヘランの南400km、北緯28度59分、東経50度49分に位置する。同地の気候は温暖湿潤である。日本語では英仏語の綴りからブシェールと訛って表記することがある。
引用元:ブーシェフル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%AB