川端達夫 新藤義孝 高市早苗


次の人物を
総務大臣を務めた順に
選びなさい
川端達夫 15
新藤義孝 17
高市早苗 18、19
35%

総務大臣(そうむだいじん、英語: Minister for Internal Affairs and Communications)は、日本の国務大臣。総務省の長である。

概要[編集]
日本の総務省の主任の大臣である[1][2]。主として行政制度、地方自治制度、情報通信行政を所管する国務大臣である。具体的には、行政制度の管理運営、地方自治と民主政治の確立、地域社会の形成、国や地方公共団体などとの連絡協調、情報通信・電波利用・郵便事業の維持発展、公害紛争の解決、鉱業・採石業・砂利採取業と他の公益との調整、消防による国民の生命・財産の保護などを所管する[3]。

また、行政機関の定員や運営、さらには業務の実施状況などについて、調査・勧告する権限を持つ[4]。これらの行政評価や監視については、書面調査や実地調査を行うことができ、調査対象とされた行政機関はこれを拒否することができない[5]。

なお、国家行政組織法において、総務省は各省の筆頭に掲げられている[6]。閣僚名簿においても、副総理設置時を除けば総務大臣は内閣総理大臣の次に列せられており、建制順では国務大臣の筆頭として扱われる。

旧内務省の流れを汲むことから、初代内務卿の大久保利通によって書かれた「為政清明」という揮毫が大臣室に掲げられている[7][8]。
引用元:総務大臣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8B%99%E5%A4%A7%E8%87%A3