いむたいけ藺牟田池


ラムサール条約に登録されている
鹿児島県薩摩川内市にある火山湖
藺牟田池
いむたいけ(答)
56%

cimg2381
畳表の原料となるいぐさの種類
丸藺
まるい(答)
引用元:トマト生産量「熊本」「北海道」「茨城」「栃木」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/30996/

藺牟田池(いむたいけ)は、鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田にある直径約1キロメートルの火山湖である。

1921年3月3日に「藺牟田池の泥炭形成植物群落」の名称で国の天然記念物に指定され[1]、2005年11月8日付でラムサール条約指定湿地に登録された[2]。

歴史[編集]
大正時代以前はイグサ(藺草)の産地として知られ、毎年秋になると村人総出でイグサを刈り取る「藺取り」と呼ばれる行事が行われていた。池畔の水田や畑はわずかしかないが、寛保年間から宝暦年間にかけて池の東端付近に長さ380mのトンネル水路が開削され15町歩の水田が開かれた。1953年(昭和28年)に鹿児島県の県立自然公園に指定され観光保養地としての開発が進められた。

藺牟田池には男竜女竜の伝説がある。池で仲良く暮らしていた男竜と女竜のうち、男竜が霧島山の大浪池の女神と暮らすようになり、そうとは知らずに残された女竜が男竜の無事を祈って毎晩用意した陰膳が数百年かけて積もったものが飯盛山であるとされる。また、事情を知った女竜が男竜を追って大浪池まで地下を掘り進もうとしたところ誤って途中の住吉池に出てしまい、このため藺牟田池でイグサを刈り取る時の水の濁りが数日後に住吉池に現れるという言い伝えも残されている。 舟見岳山王岳間の遊歩道に存在する巨岩、竜石(たついし)はこの女竜が姿を変えたものとされている。藺牟田池へ戻った男竜は、変わり果てた姿の女竜に幾度も謝り続け、それを知った村人たちが夫婦の龍を再会させるために行った祭りが、現在も残る竜神祭の始まりとされている。
引用元:藺牟田池 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%BA%E7%89%9F%E7%94%B0%E6%B1%A0

7つの外輪山に囲まれた静かな池。直径約1km。最深は約3.5m。
多様な動植物種が生息する貴重な自然環境が残っています。
周囲約4kmの湖畔には梅や桜などの並木があり春は花見、秋は紅葉と楽しむことができます。

春には約2000本の桜が咲きます。
池には「浮島」と呼ばれる泥炭が300近くあり、低層湿原でこれだけ見れるのは極めて珍しいことから国の天然記念物に指定されています。
そして希少野生動植物種であるベッコウトンボや水鳥の生息する重要な湿地として2005年ラムサール条約湿地として登録されました。

湖畔には生態系保存資料施設「アクアイム」もあり教育面での利用も多い。
その他ボートやレンタサイクルもあり、幅広いお客様が楽しむことができます。
また、初心者でも気軽に登山・トレッキングができる「藺牟田池外輪登山コース」は、外輪山(約4.5km)を約4時間で縦走でき、下山ポイントも多いので安心して楽しむことができます。

さらに湖畔には「ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた(レイクサイドホテルいむた清風)」があり、宿泊、日帰り温泉、ランチなど楽しむことができます。
引用元:藺牟田池(いむたいけ)自然公園|観光スポット|鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10469/