カピリムポシ


タンザン鉄道のザンビア側の
発着点がある都市は?
カピリムポシ(答)
23%

カピリ・ムポシ(Kapiri Mposhi)は、ザンビア中部の中央州の都市。 2010年の人口は4万4783人[1]。 標高1250mの高原上に位置する。 鉄道交通の要衝で、北のキトウェと南のルサカやリヴィングストンを結ぶザンビア鉄道が通っている。 1976年にここからタンザニアのダルエスサラームまでを結ぶタンザン鉄道が開通し、市内のニュー・カピリ・ムポシ駅が始発駅となっている。
引用元:カピリ・ムポシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%9D%E3%82%B7

カピリムポシ
Kapiri-M’poshi

ザンビア中部の町。ルサカ北北東約 160km,標高 1170mの高地に位置。タンザニアのダルエスサラーム港と結ぶ全長 1860kmのタンザン鉄道 (1975) の終点であり,コンゴ民主共和国,ジンバブエに通じる既存の鉄道との連絡点で,中北部で産する銅のほとんどは 1976年からこのルートで輸出されるようになった。
引用元:カピリムポシとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%9D%E3%82%B7-46165

駅の周辺は何もない、のどか~な田舎町。

そこにポツンと、ニューカピリムポシ駅がありました。

タンザン鉄道は週に2回しか走っていないので、
当日切符が手に入るか若干不安でしたが、
無事にゲット!

このタンザン鉄道は、1960年代に中国の援助を受けてできた列車
だそうで、チベット鉄道の設備(電源やお湯)を期待していたのですが、
残念ながら設備までは一緒じゃなかったです・・・

という訳で、PCで作業もほとんどできず、
ひたすら読書&睡眠Zzz

2日目の朝にはザンビアを抜け、
しばらくしてタンザニアに入った様子です。

そうなんです、このタンザン鉄道は
列車に乗ったまま国境を通過!

イミグレーションの係員がお部屋に来て、
出国スタンプ&入国スタンプを押してくれます。
引用元:長~い、長~い、タンザン鉄道⇒タンザニアへの道。 | 世界一周ブログ/RISA’s ある夫婦の世界一周プロジェクト! http://cool-boom.jp/blog/risa/2010/07/post-59.html