ベッサスタージル


レイキャビク近郊にある
アイスランド大統領官邸を
何という?
サジベースッルタ
ベッサスタージル(答)
17%

ベッサスタージル (氷語: Bessastaðir、「牡熊の土地」の意[1]) はアイスランド大統領の公邸である。アイスランドのアゥルタネース半島にあり、首都であるレイキャヴィークからも近い。アイスランド議会であるアルシングや空港、大学のあるレイキャヴィークの中心地から狭い湾をはさんだ向かい側にあり、直線距離では数 km である。

歴史[編集]
1241年にスノッリ・ストゥルルソンが暗殺されて以降、ノルウェー王国がベッサスタージルの領有を主張し、城として、あるいはノルウェー王のもっとも地位の高い家臣の住居として使われていた。1761年から1766年の間に、現在の大統領公邸の元になる建築物が建てられた[2]。18世紀前半にはしばらくの間学校として使われたが、1944年に大統領に寄進されたときには普通の農地になっていた。ベッサスタージルという名前は1940年にこの地を購入し1941年に寄進したシグルズル・ヨナソン・ベッサスタージル (Sigurður Jónasson Bessastaðir) に由来する。
引用元:ベッサスタージル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%AB