【第一生命館(GHQ)】渡辺仁


次の東京にある建物と設計者の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A明治生命館───岡田信一郎
B第一生命館(DNタワー21)───渡辺仁
C国立代々木競技場───丹下健三

249SFskvLbtZk
次のうち、戦後
GHQの本部が置かれた
こともある建物はどっち?
(画像選択肢)
A明治生命館 アメリカ極東空軍司令部
B第一生命館(答)総司令部本部
引用元:GHQ本部が置かれたビル 第一生命館 薄茶で後方のビルと一体の建物 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/13259/

明治生命館(めいじせいめいかん)は、東京都千代田区丸の内二丁目にある建築物である。設計は岡田信一郎・捷五郎(兄弟)、構造設計が内藤多仲。重要文化財には「明治生命保険相互会社本社本館」として指定されている。
引用元:明治生命館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%94%9F%E5%91%BD%E9%A4%A8

岡田 信一郎(おかだ しんいちろう、1883年(明治16年)11月20日 – 1932年(昭和7年)4月4日)は、大正・昭和初期に活躍した建築家である。

東京生まれ。東京高等師範学校附属中学校、第一高等学校を経て、東京帝国大学卒業。東京美術学校(現・東京芸術大学)と早稲田大学で教壇に立ち、後進の指導に当たった。

和洋のデザインを問わず、歴史的な様式に従った建築を鉄筋コンクリートで建てることに定評があり、「様式の天才」と呼ばれた[1]。

設計作品として、歌舞伎座、鳩山邸、明治生命館などがあり、関東大震災で倒壊したニコライ堂の鐘楼とドーム部分の再建も行っている[2]。

ニコライ堂修繕(1930年):ミハイル・シチュールポフ原設計、コンドル実施設計の建物が関東大震災で罹災し、岡田が復興工事を担当。単なる復旧ではなく、ドームと鐘楼のデザインは大幅に変更された[3]。国の重要文化財。
博報堂(1930年):広告代理店の旧本社ビル。2010年取壊し。外観を再現。
明治生命館(1934年):岡田没後、弟の捷五郎が引継ぎ完成させた。国の重要文化財。
琵琶湖ホテル(1934年)現びわ湖大津館。岡田没後に着工、完成。大津市指定有形文化財[2]。
引用元:岡田信一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E4%BF%A1%E4%B8%80%E9%83%8E

第一生命館(だいいちせいめいかん)とは、かつて東京都千代田区有楽町にあった建築物である。別称には第一生命ビル、第一ビル、日比谷第一生命館などがあった。

概要[編集]
日比谷濠に面して1938年(昭和13年)に竣工したのちは、第一生命保険本社としてのほか郵便局、貸ホール、女学校校舎、剣道場、警視庁仮庁舎、連合国軍最高司令官総司令部本部などとしても利用されていた。1989年(平成元年)から1995年(平成7年)にかけて順次DNタワー21として再開発された際、西寄り部分はその「本館」として改装したうえ維持されたが、内部の保存については全ての内装(マッカーサー記念室などの、6階の一部の室を除く)、設備、共用部及び一部の躯体をそれぞれ取り壊し、一切の間取りを変更した上、構造体の一部を再利用したのみにとどまったため、当初の内装は先述の室を除き全て失われている[1]。

この10案を参考に、1933年(昭和8年)より京橋の第一相互館において、建築家の渡辺仁、第一生命の技師・営繕課長であった松本与作の2者で実施設計に着手された。会社の要求も事情の変化に伴い、平面等も当初より案を改めること28回にも及んだ。外観においては、設計当初皇居周りの美観地区であることからギリシア風の円柱が立ち並ぶ意匠も立案されたものの、結局方柱が立ち並ぶものとなった。
引用元:第一生命館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E7%94%9F%E5%91%BD%E9%A4%A8

DNタワー21は、東京都千代田区有楽町一丁目13番1号にある21階建てのオフィスビルである。東京都選定歴史的建造物に選定されている。

概要[編集]
同じ街区に存在していた、1933年(昭和8年)竣工の農林中央金庫有楽町ビル、終戦後1945年(昭和20年)にGHQに接収され、総司令部本部として使用された1938年(昭和13年)竣工の第一生命館をそれぞれ部分保存の上、解体・再構築し一体の建物としたものである。第一生命保険と農林中央金庫の頭文字からDNタワー21と名付けられた。
引用元:DNタワー21 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/DN%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC21

渡辺 仁(わたなべ じん、1887年2月16日 – 1973年9月5日)は近代日本の建築家。作品のスタイルは歴史主義様式のほか、表現派、帝冠様式、初期モダニズムと多岐にわたっている。主要作品には服部時計店、東京帝室博物館(原案)、第一生命館などがある。
引用元:渡辺仁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%BB%81

国立代々木競技場(こくりつよよぎきょうぎじょう)は、東京都渋谷区にあるスポーツ施設である。第一体育館・第二体育館の他、インドアプールなどからなる。通称として「代々木○○(第一・第二)体育館」も用いられる。

建築構造[編集]
体育館の設計は丹下健三の手によるもので、丹下の代表的作品として名高い。第一体育館・第二体育館とも、吊り橋と同様の吊り構造の技術を用いており、第一体育館は2本、第二体育館は1本の主柱から、屋根全体が吊り下げられている。観客を競技に集中させるために考案された、内部に柱を持たない珍しい構造の建物である。また吊り構造の天井を安定させ、台風等の災害時にも問題が生じないように、油圧ダンパー(制震ダンパー)で屋根の振動を抑える構造を採用しているが、油圧ダンパーを制震目的で採用した建物は日本初となった[1][2]。
引用元:国立代々木競技場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E4%BB%A3%E3%80%85%E6%9C%A8%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4

丹下 健三(たんげ けんぞう、1913年(大正2年)9月4日 – 2005年(平成17年)3月22日)は日本の建築家、都市計画家。一級建築士(登録番号第15182号)。

日本では「世界のタンゲ」と言われたように、日本人建築家として最も早く日本国外でも活躍し、認知された一人。第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がける。また磯崎新、黒川紀章、槇文彦、谷口吉生などの世界的建築家を育成した。位階勲等は従三位勲一等瑞宝章、文化勲章受章。フランス政府よりレジオンドヌール勲章受章。カトリック信徒(洗礼名:ヨセフ)。
引用元:丹下健三 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E4%B8%8B%E5%81%A5%E4%B8%89