ニンキナンカ


ガンビアのキエン・ウエスト国立
公園で目撃された、水棲のUMA
ニンキナンカ(答)
13%
Ninki Nanka


アルゼンチンに棲息すると
される未確認生物です
ナウエリト(答)

118pYRonlN
ザンビアなどで目撃される
巨大な鳥のような未確認生物
コンガマトー(答)
Kongamato
引用元:「コンガマトー」翼竜のようなUMA ザンビアで発見報告 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/26686/


『ウルトラマングレート』で
ウルトラマングレートに変身する
ジャック・シンドーが
所属する組織はUFOである
×(答)
◯UMA
引用元:「UMA」ジャック・シンドー http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/35629/

ニンキナンカ(Ninki Nanka)は、ガンビア共和国のキエン・ウエスト国立公園の沼地にて目撃された水棲の未確認生物(UMA)である。

概要[編集]
初めて目撃が確認されたのは2003年、ガンビアのキエン・ウエスト国立公園の沼地で当時、自然保護官を務めていた男性が巨大な怪物を目撃した。

目撃されたこの怪物はニンキナンカと呼ばれ、現地の言葉で「悪魔の竜」という意味である。 姿形はその名の通り竜のような容姿をしており、一説には炎を吐いたり、翼を持っているとされるが、現地に伝わる伝承にはニンキナンカを目撃してしまった者は病気を患い、数週間の間に死んでしまうと恐れられている。

余談だが、このニンキナンカを目撃してしまった男性はイスラム教の聖者からある植物の実を食べたため、病を患うことなく生き延びることができたといわれる[1]。

2006年7月、イギリスの動物学者であるリチャード・フリーマンを始めとする未知動物研究チームがニンキナンカの調査を開始したが、ニンキナンカが生息しているという確たる証拠はなかった。 調査を終了したフリーマンは「実際に存在するかどうかは疑わしい」と語った[2]。
引用元:ニンキナンカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%AB

ナウエリート(Nahuelito)は、UMAの一種。アルゼンチンのナウエル・ウアピ湖に棲息しているといわれ、南米版ネッシー、パタゴニアのプレシオサウルスとも呼ばれている。

特徴[編集]
棲息地・目撃場所:アルゼンチン南部のパタゴニア・バリローチェのナウエル・ウアピ湖
体長(推定):5-40m
外見は首が細長く、頭部は小さく、大蛇を思わせる姿。背部にはコブ、またヒレを持つといわれている。
体長や行動、形状等がネッシーと酷似している。
アルゼンチンでは知名度が高く、旧1ペソ札には湖面から首を出しているナウエリートが描かれていた。
引用元:ナウエリート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88