【宮崎県】クルスの海、鬼の洗濯板【長崎県】如己堂


次の観光名所を
それがある都道府県ごとに
グループ分けしなさい
48%

大分県長崎県宮崎県
クルスの海
如己堂
鬼の洗濯板
宇佐美八幡宮

214aSFzJviFYs
メディアでは「洗濯王子」として
紹介される、長野県出身の
洗濯アドバイザーは◯◯祐一?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
なかむら
「中村祐一」
引用元:「中村祐一」なかむらゆういち「洗濯王子」で知られるアドバイザー 実習教室「Sentaku Studio」オープン http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/8389/

願いが叶うクルスの海は、宮崎県日向市細島にある名勝である。

要[編集]
岩が波の侵食によって削り取られ、上空から見ると運河状になった海が十字に見える地点を指す。十字状の海であることから、ポルトガル語で「十字」を意味する「クルス」に「海」を加えた「クルスの海」という名称がつけられた。独特の形状を持つ事から、観光名所としても有名である。

また、この地点には「願いが叶うクルスの鐘」が日向市によって設置されている。
引用元:クルスの海 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%B5%B7

如己堂(にょこどう)は、長崎県長崎市にある、永井隆が白血病の療養をしていた建物である。長崎の被爆から約3年後の1948年(昭和23年)3月、長崎市浦上の人達やカトリック教会の協力により建てられた。この二畳一間の部屋で、永井隆の著名な作品の数々が生まれた。現在は、隣接地に長崎市永井隆記念館が建てられている。

名前の由来[編集]
新約聖書マルコによる福音書12章31節にある「己の如く人を愛せよ」という言葉から名付けられた。[1]
引用元:如己堂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%82%E5%B7%B1%E5%A0%82

鬼の洗濯板について
青島をとりまく波状岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれています。

中新世後期(約700万年前位)に海中で出来た水成岩(固い砂岩と軟らかい泥岩が繰り返し積み重なった地層)が隆起し、長い間に波に洗われ、固い砂岩層だけが板のように積み重なって見えるようになりました。

青島から南の巾着島までの約8kmの海岸線に見られます。潮が引くと、磯遊びが楽しめます。

施設概要
天然記念物指定 昭和9年(1934)5月1日
所在地 宮崎県宮崎市青島
面積 251,945平方メートル
交通 JR⇒「青島駅」から徒歩10分
バス / 「青島線」下りの「青島」バス停から徒歩5分
車 / 「宮崎駅」から25分
電話 0985-21-1791(宮崎市観光課)
引用元:鬼の洗濯板(波状岩) – 観光情報|宮崎市観光協会 http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/tourism/spot/11.html

宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。

全国に約44,000社ある八幡宮の総本社である。石清水八幡宮・筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一つ。古くは八幡宇佐宮または八幡大菩薩宇佐宮などと呼ばれた。また神仏分離以前は神宮寺の弥勒寺(後述)と一体のものとして、正式には宇佐八幡宮弥勒寺と称していた[注 1]。

現在でも通称として宇佐八幡とも呼ばれる。

概要[編集]
大分県北部、国東半島付け根に立つ御許山(標高647m)山麓に鎮座する。本殿は小高い丘陵の小椋山(亀山)山頂に鎮座する上宮とその山麓に鎮座する下宮とからなり、その周りに社殿が広がっている。境内は国の史跡に指定され、本殿3棟は国宝に指定されている。

八幡宮の総本社であり古くから皇室からの崇敬を受けているほか、称徳天皇時代の宇佐八幡宮神託事件でも知られる。参拝は一般と異なり、二拝四拍手一拝を作法としている。
引用元:宇佐神宮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%A5%9E%E5%AE%AE