「牛久浄苑」浄土真宗東本願寺 牛久大仏

017YhRzRBFRbZ
いわゆる牛久大仏が建っている
茨城県牛久市にある牛久浄苑は
どんな宗派の霊園?
浄土真宗(答)
法相宗
曹洞宗
浄土宗

牛久大仏(うしくだいぶつ、正式名称:牛久阿弥陀大佛)は、日本の茨城県牛久市にあるブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120m(像高100m、台座20m)あり、立像の高さは世界で3番目だが、ブロンズ立像としては世界最大。浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって造られた。
>施工は川田工業による。建築にあたっては主に高層ビルで用いられるカーテンウォール工法が採用された[7]。
まず中央に、大仏全体の重量を支える役割を果たす鉄骨の主架構を組み上げる。次に、主幹の役割を果たすこの鉄骨の周囲に、枝を生やすように、あらかじめ地上で作っておいたブロックを組み合わせていく。
高さ100mの仏像本体は20段の輪切り状に分割して設計されており、さらにそれぞれの輪切りが平均17個のブロックに分割されている。加えて、各ブロックは平均1.5m四方の青銅製の板金を9枚程度並べて溶接し、下地となる鉄骨と組み合わせることで作成された。この下地鉄骨が、複雑な形状をとりながら主架構と青銅板との間を繋ぎ、樹木でいうところの「枝」に相当する役割を果たしている。
引用元: 牛久大仏 – Wikipedia.


次の建造物を
全高が高い順に
選びなさい
Dの画像   牛久大仏 120m
C画像   自由の女神像 93m
Bの画像   コルコバードのキリスト像 39.6m
Aの画像   モアイ像 3.5~20m
引用元: 建造物と高さ 「東京タワー」333m「名古屋テレビ塔」180m「京都タワー」131m「通天閣」100m | わかればいいのに I wish I knew.