ウィーン「ブルク劇場」「プラター公園」「シュテファン寺院」 ヨーゼフ1世「農奴解放令」などを発布した神聖ローマ皇帝 母はマリア・テレジア「シェーンブルン宮殿」ハプスブルク王朝のバロック様式の離宮 テレジアイエロー 世界遺産

023FjtMfsy
ブルク劇場
プラター公園
シュテファン寺院
シェーンブルン宮殿
ウィーン(答)
ロンドン
ベルリン
ダブリン
59%

082XZtCDVO
18世紀の神聖ローマ皇帝
別名「革命家皇帝」
農奴解放令、宗教寛容令を発布
母はマリア・テレジア
カール5世
フランツ1世
ヨーゼフ1世(答)
ジギスムント

016DMwEZNNXWN
「マリア・テレジアイエロー」
という色で装飾されている
オーストリアの建造物といえば
◯◯◯◯◯◯◯宮殿?
シェンンルーブ
シェーンブルン(答)
「シェーンブルン宮殿」


アンヴァリッド
コンコルド広場
シャイヨー宮
カルチェ・ラタン
パリ(答)

連想
国立考古学博物館
スペイン広場
レティーロ公園
プラド美術館
マドリード(答)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
ブルク劇場
ブルクげきじょう
Burgtheater

ウィーンの劇場。マリア・テレジアが 1741年に宮廷劇場として創設,初めフランスやドイツの劇団を招いて上演させた。その後 76年,ヨーゼフ2世によってオーストリア演劇の拠点とするべく,国立劇場として再組織され,アンサンブルを重視する演技を発展させた。
引用元:ブルク劇場(ブルクげきじょう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%8A%87%E5%A0%B4-127189

プラーター公園(プラーターこうえん、Der Wiener Prater)は、オーストリア・ウィーンにある公園。ウィーンの森と並ぶ市民の憩いの森であるとともに、一角にある遊園地は行楽地・観光名所として人気を集めている。
引用元:プラーター公園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%85%AC%E5%9C%92

シュテファン大聖堂(独Stephansdom)はオーストリアの首都ウィーンにあるゴシック様式の大聖堂。ウィーン大司教区の司教座聖堂である。シュテファン寺院とも呼ばれる。
ウィーンのシンボルで、その観光名所のひとつである。この聖堂を含むリング(Ring)と呼ばれるウィーン歴史地区は2001年にユネスコの世界遺産に登録された。ハプスブルク家の歴代君主の墓所であるほか、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとコンスタンツェ・ウェーバーの結婚式が行われ、また葬儀が行われた聖堂としても知られている。
オーストリア公ルドルフ4世の命によって建造されたこの聖堂は、1359年に65年がかりで南塔が完成。107メートルの高さを持ち、教会の塔としてはウルム大聖堂(161メートル)、ケルン大聖堂(157メートル)についで世界で3番目の高さがある。
引用元:シュテファン大聖堂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%86%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82

ヨーゼフ2世(Joseph II, 1741年3月13日 – 1790年2月20日)は、神聖ローマ皇帝(在位:1765年 – 1790年)、オーストリア大公、ハンガリー王、ボヘミア王。全名はヨーゼフ・ベネディクト・アウグスト・ヨハン・アントン・ミヒャエル・アダム・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Joseph Benedikt August Johann Anton Michael Adam von Habsburg-Lothringen)。神聖ローマ皇帝フランツ1世とマリア・テレジアの長男。マリー・アントワネットの兄にあたる。
父フランツ1世の死後、母マリア・テレジアとともに共同統治を行う。啓蒙思想の影響を受けながら絶対主義の君主であろうともした啓蒙専制君主の代表的人物であった。その急進的改革ゆえ「民衆王」「皇帝革命家」「人民皇帝」などのあだ名がある。
引用元:ヨーゼフ2世 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%952%E4%B8%96

 ヨーゼフ2世が行った近代化政策としては次のようなものが重要である。
・宗教寛容令 非カトリック教徒の信仰の自由を認め、教会領の没収と国有化をはかった。
・農奴解放令 農民の人格的自由を認め、自作農化をはかる。
・司法制度、警察制度などの整備と中央集権化。
・出版、検閲制度の緩和 官庁と教会による検閲を廃止した。
・死刑、拷問の廃止。
・貧民救済制度、事前施設の建設、学校、病院の建設など。
・言語統一令 ネーデルラント、北イタリアを除き、ハプスブルク帝国内の公用語はドイツ語に統一する。
・商工業の保護。
引用元:ヨーゼフ2世 http://www.y-history.net/appendix/wh1001-143.html

カール5世(Karl V, 1500年2月24日 – 1558年9月21日)は、ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝(在位:1519年 – 1556年)であり、スペイン国王(在位:1516年 – 1556年)としてはカルロス1世(Carlos I)と呼ばれる[1]。
ハプスブルク帝国の絶頂期に君臨し、その治世は、ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の創造者、体現者とも言われる。さらに当時は大航海時代の真っ只中にあったため、「太陽の沈まない国」と称されたようにヨーロッパから新大陸、アジア(フィリピン)に至る世界帝国を築き上げた。
引用元:カール5世 (神聖ローマ皇帝) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB5%E4%B8%96_(%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%9A%87%E5%B8%9D)

15世紀のハンガリー王、神聖ローマ皇帝。コンスタンツ公会議を召集。

神聖ローマ皇帝、ルクセンブルク家のカール4世の子。1378年にブランデンブルク辺境伯、1387年にハンガリー王となる。その後、神聖ローマ皇帝(ドイツ皇帝、在位1411~37年)として1414~18年のコンスタンツ公会議を召集した。1419年にはベーメン(ボヘミア)王も兼ねようとしたが、ボヘミアの農民の抵抗(フス戦争)を招き、苦戦の上、講和した1436年にベーメン王位を認められた。このように、ジギスムントは14世紀末~15世紀初頭に神聖ローマ皇帝・ハンガリー王・ベーメン王などを兼ねて、オスマン帝国との戦い、カトリックの教会統一、フス派の弾圧などを行った重要な人物である。
引用元:ジギスムント http://www.y-history.net/appendix/wh0603_1-124_1.html

シェーンブルン宮殿(シェーンブルンきゅうでん、ドイツ語:Schloss Schönbrunn)は、オーストリアの首都ウィーンにある宮殿。ハプスブルク王朝の歴代君主が主に離宮として使用した。
現在、同宮殿と庭園群は世界遺産に登録されている。
>シェーンブルン宮殿は、ウィーンの中心部シュテファン大聖堂から西に直線で約5kmの位置にある。
>建物は、あらゆる部屋を合計すると1,441室あり、両翼の端から端まで180mあり、正面右側翼には宮廷劇場がある。また、広いフランス式庭園を挟んで宮殿に向かい合う丘の上にはグロリエッテという対プロイセン戦の勝利と戦没者の慰霊の為に立てたギリシャ建築の記念碑(未完成)があり、ここからは周囲が一望できる(写真はこの丘からの眺望)。
>外壁は金を塗ろうとしたところ、マリア・テレジアが財政の状況を考慮し、黄金に近い黄色にした、これをテレジア・イエローと云うが、彼女が好んでいた色というわけではない。
引用元: シェーンブルン宮殿 – Wikipedia.

ウィーンの森に接して建つシェーンブルン宮殿は、歴代ハプスブルク皇帝の栄華を今に伝えるバロック様式の宮殿です。17世紀後半に建てられた宮殿は、激動のヨーロッパ史の舞台となりました。「会議は踊る」で有名なウィーン会議も、シェーンブルン宮殿で開かれました。
「シリーズ世界遺産100」では、ハプスブルク家唯一の女帝にして最大の権力を誇ったマリア・テレジアと、彼女ゆかりの宮殿内の豪華な部屋を紹介します。
引用元: NHK世界遺産 | 世界遺産ライブラリー  [シェーンブルン宮殿と庭園].

マリア・テレジア【Maria Theresia】
1717‐80
オーストリア・ハプスブルク家の女帝。在位1740‐80年。神聖ローマ皇帝カール6世の長女。ロートリンゲン公フランツ・シュテファンと恋愛結婚する。父の死後プラグマティッシェ・ザンクツィオンPragmatische Sanktionにより1740年に全ハプスブルク世襲領を一括相続するが,プロイセンのフリードリヒ2世のシュレジエン占領とバイエルン選帝侯カール・アルバートの相続要求によりオーストリア継承戦争に直面し,ハンガリー貴族の特権を認めて援助を受け,イギリス,オランダの支援をも得て,45年ドレスデンに和約を結ぶ。
引用元: マリア・テレジアとは – コトバンク.