ナハネフ22


鉄道博物館にも展示されている
車掌室と展望室が設けられた
ブルートレインの二等寝台
緩急車は「◯◯◯◯22」?
ナハロフネ
サレクムモ
ナハネフ(答)
24%


次のJRの客車の重量を示す
記号を、その意味する重量が
小さい順に選びなさい






ナハネフ22 秋田

昭和55年8月 20系の最後尾を飾る寝台緩急車

昭和39年10月の「富士」「はくつる」新設でデビュー。
急行「天の川」で使用中。

引用元:国鉄20系 車両解説 ハネ、ハネフ、シ 日車夢工房 ≪鉄道知識の壺≫ http://www.n-sharyo.co.jp/yumekobo/bluetrain/bluetrain_20kei_spc2.html

国鉄20系客車(こくてつ20けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1958年(昭和33年)に開発した寝台特急列車用客車である。

概要[編集]
1958年から1970年までに合計14形式473両が製造された[1]。他形式からの改造編入が6両あったほか、系列内での改造による形式増加があり、最終的には21形式479両となった[2]。
最初に投入された列車にちなみ「あさかぜ形客車」とも呼ばれ、その設備の優秀さから登場当時は「走るホテル」とも評された[3]。
電源車から一括供給される電力による国鉄制式客車としては初となる全車空調装置の装備・完全電化食堂車・TR55系空気バネ台車[4]などで居住性を大きく改善した画期的な車両である[5]。

構造[編集]
日本で初めて同一系列・同一意匠の車両による「固定編成」を組むことを前提とした体系的な基本構想の下に設計された客車である。
塗装は青15号にクリーム色1号の帯[6]を3本巻いた外観はデザイン的にも優れ、以後の客車寝台特急も含めて「ブルートレイン」と呼ばれる起源となった。
引用元:国鉄20系客車 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%8420%E7%B3%BB%E5%AE%A2%E8%BB%8A

オハ・・・運転整備重量32.5t以上37.5t未満(オ)の普通車(ハ)

オハネフ・・・運転整備重量32.5t以上37.5t未満(オ)の普通車(ハ)寝台車(ネ)で緩急車(フ)。
普通車(ハ)+寝台車(ネ)で「B寝台」車両のことを示す。
緩急車は車掌室を有する車両のこと。
まとめると「オハネフ」は、「32.5t以上37.5t未満の車掌室のあるB寝台車両」のこと。

カニ・・・運転整備重量47.5t以上(カ)の荷物車(ニ)。

クハ・・・運転台(ク)付き普通車両(ハ)

モハ・・・電動(モ)付き普通車両(ハ)
引用元:オハ、オハネフ、カニ、クハ、モハの意味を教えてください。 – オハ・・・運転… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324175008


引用元:車両記号 http://www2.u-netsurf.ne.jp/~tetumiya/syaryoukigou.htm