オタワ、ウィリアムズバーグ、ロンドン


次の都市を、1980年代に
主要国首脳会議サミットが
開催された順に選びなさい
オタワ
ウィリアムズバーグ
ボン
26%



次の都市を、1980年代に
主要国首脳会議サミットが
開催された順に選びなさい
ヴェネツィア
オタワ
ベルサイユ
ウィリアムズバーグ
ロンドン
ボン
東京
トロント
パリ
26%



次の都市を、90年代に
主要国首脳会議サミットが
開催された順に選びなさい
ヒューストン
ロンドン
ミュンヘン
東京
ナポリ
ハリファックス
リヨン
デンバー
バーミンガム
ケルン
26%

主要国首脳会議(しゅようこくしゅのうかいぎ)もしくは先進国首脳会議(せんしんこくしゅのうかいぎ)は、国際的な首脳会議のひとつ。
G7(ジーセブン、”Group of Seven”の略)、主要(先進)7か国首脳会議、サミット(首脳の地位を山頂に擬えたもの)ともいう。
ロシアが参加していた頃は、G8(ジーエイト)、主要8か国首脳会議などと呼ばれていた。
2014年以降、ロシアは参加資格を停止され、再びG7(先進国首脳会議[1])と称されている。
引用元:主要国首脳会議 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E8%A6%81%E5%9B%BD%E9%A6%96%E8%84%B3%E4%BC%9A%E8%AD%B0

首脳会合開催地と会場

サミットは2014年で40回を迎えた。当初はG6で始まり各国首脳だけの小さな会合であり、外相や蔵相の会合はないに等しい規模であった。また、1999年(25回)までは、各国の首都又は主要都市、いわゆる大都市かその周辺で開催されていた。会場も古城や宮殿、ホテル、首相官邸、会議場、美術館、図書館、公共施設等多様な施設を利用していた。

日本においては、初めて迎えた1979年以来、1986年、1993年と東京四谷の迎賓館を使用している。

大都市の場合、厳重な警備の他や多くの通行規制、公共交通の規制など都市生活者には多くの不便を強いることとなった。東京で開催されたサミット時には、プレスの輸送等に若干関与した記憶があるが、それ以上に厳重な各種規制にうんざりした記憶がうっすらとある。

1995年のハリファックス(カナダ)サミットあたりから、首都以外の地方都市で開催される傾向が見られた。イタリアはベネチア(サン・ジョルジョ・マッジョーレ島)で1980年、1987年と連続して同じ開催地、イギリスはロンドン(ランカスター・ハウス)で1984年と1991年、ドイツはボン(旧首相官邸)で1978年と1985年、日本は東京(迎賓館)で1979年、1986年、1993年と同じ会場で開催。

カナダ、米国、フランスは過去すべて開催都市と会場は異なっている。宮殿又は古城は7か所、会議場は3か所、その他首相官邸、美術館、図書館、大学等も利用されている。

2000年以降は海浜リゾートや山岳リゾートに立地されたにホテルに集中している。これは2001年のテロの影響により、警備が困難な大都市部を避けて「リトリート会議」と言われるリゾート地での開催により、比較的警備がやり易いことが理由と言われている。日本では2000年の九州・沖縄サミットに続き、2008年には北海道・洞爺湖サミットとして、東京以外での開催を行った。
引用元:主要国首脳会議・サミット誘致・コラム – JTB総合研究所 https://www.tourism.jp/tourism-database/column/2014/11/mice-japan/