ノルデンショルド


北ヨーロッパと東アジアを結ぶ
北東航路での航海に成功した
スウェーデン人はアドルフ・
エリク・◯◯◯◯◯◯◯◯?
デドノルンルショ
ノルデンショルド(答)
31%
Adolf Erik Nordenskiold

ニルス・アドルフ・エリク・ノルデンショルド(Nils Adolf Erik Nordenskiold, 1832年11月18日 – 1901年8月12日)は、フィンランド大公国(現フィンランド共和国)出身のスウェーデン系フィンランド人で鉱山学者及び探検家。北ヨーロッパと東アジアを結ぶ最短の航路(北東航路)の開拓を成功させ、日本にまで達したことで世界的なセンセーションを巻き起した。

1878年、ノルデンショルドは、未だ成功していない北極海での北東航路の開拓と、北極における研究と調査のため、航海計画を立てた。ただし実際は、シベリアの海域の航路を保障する商業航路開拓であったとも言われている。北極海での探索、遠征は国家の政策であり、この時代のヨーロッパ諸国も先を争って遠征活動を行っていたのである。この航海計画は、スウェーデン国王オスカル2世によって承認され、国王や商人などの支援を得て、蒸気船「ヴェガ号」を旗艦とし、ノルデンショルドは航海の責任者となった。計画は綿密に立てられ、1878年7月4日にストックホルムからイェーテボリを経由し出港した。8月にはユーラシア大陸最北端のチェリュスキン岬を史上初めて船で回ることに成功し、航海は順調であったが、9月末、北東航路の走破寸前のベーリング海で流氷に囲まれるという不運に見舞われる。この事件はアメリカ合衆国に伝わり、アメリカ海軍のデロング隊が救出のためにベーリング海へ向っている。しかし、ヴェガ号は翌1879年の7月に流氷から解放され、一人の死者も出さずに北東航路の通航に成功していた。
引用元:アドルフ・エリク・ノルデンショルド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%89

明治初期における日本とヨーロッパ学術探検隊の出会い フィンランド出身のA.E.ノルデンショルド率いる北東航路探検隊の来航

今を溯る120 年前の1879 年9月2日、スウェーデン国旗を掲げた蒸気船ヴェガ(Vega)号の横浜港への到着は世界的なセンセーションを起こしました。アドルフ・エリック・ノルデンショルド(Adolf Erik Nordenskiold)率いる30名の北極探険隊は、北東航路を通り北部欧州から日本への航海に成功しました。北東航路によるノルデンショルドの航海は、科学探険の歴史では伝説になっています。しかし驚いたことにノルデンショルドの日本滞在は、日本以外ではほとんど知られていません。またフィンランド以外では、ノルデンショルドがフィンランドに生まれ育ったことや、彼の後半生のフィンランドとの関わりについては、一般にほとんど知られていません。本稿は、そうした情報のギャップをも埋めることを目的としています。
引用元:探検家A.E.ノルデンショルド – フィンランド大使館・東京 : 大使挨拶 : 探検家A.E.ノルデンショルド http://www.finland.or.jp/public/default.aspx?nodeid=41335&contentlan=23&cultu..