F35AライトニングII戦闘機


航空自衛隊の次期主力戦闘機と
して導入される「F35」の愛称は
「◯◯◯◯◯◯Ⅱ」?
◯を答えなさい
ライトニング(答)
36%

F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。
開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(英: Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。

愛称[編集]
本機につけられている愛称である「ライトニング II(英: Lightning II)」は、かつてロッキード社によって開発され、第二次世界大戦で活躍したP-38 ライトニングに因んだものである。また、共同開発の最大のパートナーであるイギリスの、自国で開発した唯一の超音速戦闘機イングリッシュ・エレクトリック ライトニングに因む愛称でもある[67]。なお、YF-22がF-15の後継機の座をYF-23と争った際、この愛称を名乗っていた時期もあった[68]。
引用元:F-35 (戦闘機) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/F-35_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)

政府は2016年度から調達を始める航空自衛隊のFX(次期主力戦闘機)に、米ロッキード・マーチン社のF35AライトニングII戦闘機を採用することを決めた。F35Aはレーダーに探知されにくいステルス性能を持つ「第5世代」戦闘機で、今後のスケジュールが順調に進めば、12年度予算に最初の調達費が計上され、16年度中に「日の丸ステルス戦闘機」が日本の空の守りに就くことになる。
引用元:【特集】日の丸ステルス F35:時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/v4?id=20111113jasdf_fx_f-35_lightning0001