凶器準備集合罪


次の文字列を順に選んで
1958年に暴力団同士の抗争を
早期に取り締まるために
制定された法律にしなさい
凶器
集合
準備

57%
「凶器集合準備罪」

きょうきじゅんびしゅうごうざい【凶器準備集合罪】

2人以上の者が,他人の生命,身体または財産に対して害を加える目的で集合した場合に,みずから凶器を準備しまたはその準備があることを知って集まること。2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる(刑法208条の2‐1項)。このような場合に,凶器を準備しまたは準備があることを知って集合させることも,3年以下の懲役として処罰される(凶器準備結集罪,同条2項)。これらの罪は,暴力団の抗争を具体的な殺傷事件などに発展する前に取り締まることを目的として,1958年に新設されたものであるが,60年代半ば以降,主として学生のデモの規制の手段として用いられるようになった。
引用元:凶器準備集合罪(キョウキジュンビシュウゴウザイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%87%B6%E5%99%A8%E6%BA%96%E5%82%99%E9%9B%86%E5%90%88%E7%BD%AA-477964

(凶器準備集合及び結集)
第二百八条の二 二人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って集合した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 前項の場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って人を集合させた者は、三年以下の懲役に処する。
引用元:e-Gov法令検索 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=140AC0000000045&openerCode=1#465