鹿屋基地、八戸基地、厚木基地


次の海上自衛隊の基地を
所属している航空群の
整理番号が小さいものから
順に選びなさい
鹿屋基地(第1航空群)
八戸基地(第2航空群)
厚木基地(第4航空群)
館山基地(第21航空群)
大村基地(第22航空群)
岩国基地(第31航空群)
23%

航空集団(こうくうしゅうだん、英称:Fleet Air Force)とは、日本の海上自衛隊の自衛艦隊に属する航空部隊である。諸外国の海軍航空隊に相当する。

概要[ソースを編集]
航空集団は、日本の領海および排他的経済水域内において哨戒機による航路上の哨戒や不審船の監視等を行っている。また、飛行艇や救難ヘリコプターにより洋上救難等の任務も行っている。その他、掃海ヘリコプターや輸送機の部隊も属している。
航空集団司令部は厚木航空基地(神奈川県綾瀬市無番地)におかれており、航空群(航空群司令部・航空隊・整備補給隊・航空基地隊)を主体とする。航空集団司令官は海将をもって充てられている[1]。
なお、操縦士と戦術航空士の養成は航空集団ではなく、防衛大臣直轄の教育航空集団で行われる。
引用元:航空集団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E9%9B%86%E5%9B%A3

第1航空群(だいいちこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 1 )とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]。
引用元:第1航空群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC1%E8%88%AA%E7%A9%BA%E7%BE%A4

第2航空群(だいにこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 2 )とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、八戸航空基地(青森県八戸市)に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]。
引用元:第2航空群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC2%E8%88%AA%E7%A9%BA%E7%BE%A4

第4航空群(だいよんこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 4)とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、厚木航空基地(神奈川県綾瀬市)に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]。
引用元:第4航空群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC4%E8%88%AA%E7%A9%BA%E7%BE%A4

第21航空群(だいにじゅういちこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 21 )とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、館山航空基地(千葉県館山市)に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]。
引用元:第21航空群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC21%E8%88%AA%E7%A9%BA%E7%BE%A4

第22航空群(だいにじゅうにこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 22 )とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、大村航空基地(長崎県大村市)に配備されている。 群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]。
引用元:第22航空群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC22%E8%88%AA%E7%A9%BA%E7%BE%A4

第31航空群(だいさんじゅういちこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 31 )とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、岩国航空基地(山口県岩国市)に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]。
引用元:第31航空群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC31%E8%88%AA%E7%A9%BA%E7%BE%A4