トリグブ・リー、クルト・ワルトハイム、ハビエル・ペレス・デ・クエヤル


次の歴代国連事務総長を
就任した順に選びなさい
トリグブ・リー 1
ダグ・ハマーショルド 2
ウ・タント 3
クルト・ワルトハイム 4
ハビエル・ペレス・デ・クエヤル 5
コフィ・アナン 7
潘基文 8 パン・ギムン
54%

CIMG3939
CIMG3940
国際連合の初代事務総長は
トリグブ・リーですが

国際連盟の初代事務総長を
務めた人物はジェームズ・
◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
ドラモンド(答)
引用元:国連加盟年代2000年代「東ティモール」「スイス」「モンテネグロ」1990年代「ナミビア」「クロアチア」「パラオ」 初代国際連盟事務総長「ジェームズ・ドラモンド」初代国連事務総長「トリグブ・リー」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/24601/

国際連合事務総長(こくさいれんごうじむそうちょう、英語: Secretary-General of the United Nations、フランス語: Secrétaire général des Nations unies)は、国際連合の主要機関の一つである国際連合事務局の代表である。

任命と国際連合憲章の規定[編集]
国際連合憲章の定めるところにより、事務総長は国際連合安全保障理事会の推薦を受けて国際連合総会によって任命される。
任命の事情[編集]
国際連合憲章には任期の定めはない。ただし、慣例としては、事務総長の任期は1期につき5年で、8代目までの事務総長は最長でも2期10年で全員がその職を退いている[注 1]。
特定の国や地域に権力が集中することを防ぐため、事務総長は国際連合安全保障理事会(安保理)の常任理事国からは選出されないこと(非常任理事国ながら、主要国首脳会議参加国である日本、ドイツ、イタリア、カナダも事実上候補から外されている)、また世界の各地域から順に大陸ごとに選出されることが慣例化している。前任の事務総長と同じ出身地域から選出された例は、第2代のダグ・ハマーショルドと第7代のコフィー・アナンのみである。
その任命手続きであるが、形式上は安保理が候補者を推挙し、総会で承認を得る形が取られる。ただ第8代の潘基文までは安保理の非公開会合のみで候補者が推挙されてきた経緯があり、批判も少なからずあった[1]。このため2016年末で任期切れとなって退任する潘の後継を決定するにあたっては、安保理が最終候補者を推挙する事そのものは変わらないものの、事前に立候補者を公募し、2016年4月に候補者全員が出席して行われる公聴会を開催することで、手続きの透明性が高められた[1]。安保理のメンバーはこの公聴会での各候補者の言動を参考にしつつ、最終候補者を絞ることになる。こうして選ばれた最初の人物が、第9代で現任のアントニオ・グテーレスである。
引用元:国際連合事務総長 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BA%8B%E5%8B%99%E7%B7%8F%E9%95%B7