「ホモロサイン図法」米国人グード「ミラー図法」円筒図法「ボンヌ図法」円錐図法「モルワイデ図法」擬円筒図法

217kxevenmyzvs
地図の図法に名を残す人物で
ボンヌはフランス人ですが
グードはどこの国の人?
フランス
アメリカ(答)
ドイツ
ロシア
30%

101FevNOGrmNT
次の地図の図法と
投影する対象に基づく分類の
正しい組み合わせを選びなさい
ミラー図法家───円筒図法
ボンヌ図法───円錐図法
モルワイデ図法───擬円筒図法

グード‐ずほう〔‐ヅハフ〕【グード図法】

地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。ホモロサイン図法。
ntldrscqpgn
引用元:グード図法(グードズホウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%89%E5%9B%B3%E6%B3%95-482545

ボンヌ‐ずほう〔‐ヅハフ〕【ボンヌ図法】

地図投影法のうちの正積図法の一。円錐図法の中央経線だけを直線で残し、その他は曲線で、緯線はすべて等間隔の同心円の弧となる。中緯度地方の地図に用いる。1752年にフランスの地理学者ボンヌ(R.Bonne)が考案。
oquanrginpy
引用元:ボンヌ図法(ボンヌずほう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%8C%E5%9B%B3%E6%B3%95-135218

ミラー図法(ミラーずほう)とは、投影法の一つである。円筒図法の一種。主に世界地図に用いられる。
引用元: ミラー図法 – Wikipedia.

ボンヌ図法(ボンヌずほう、Bonne projection)はフランスの地理学者リゴベール・ボンヌ (1727-1795) が用いたことでよく知られるようになった地図投影法。緯線が同心円であり経線が曲線であることから擬円錐図法に分類される。また、正積図法である。
引用元: ボンヌ図法 – Wikipedia.

モルワイデ図法(モルワイデずほう)は、1805年にドイツの天文学者・数学者カール・モルワイデが考案した地図投影法の一種である。
>擬円筒図法の一種で、地図上の任意の場所で実際の面積との比が等しくなる正積図法である。地球全体を1枚の平面に表現でき、地図の外周は楕円形になる。楕円の長径(横)と短径(縦)の比は2:1となり、もし縮尺1分の1の地図を作成したとすれば、横36040km、縦18020kmの楕円となる。
引用元: モルワイデ図法 – Wikipedia.

円筒図法(えんとうずほう、英語: cylindrical projection)は、地図投影法の分類のひとつで、地球に巻き付けた円筒に地物を投影して作られる図法、転じて、経線と緯線が直交する直線群となる図法のこと。
>擬円筒図法[編集]
経線を曲げて高緯度では狭めることによって、高緯度での変形を抑えようとした図法。
引用元: 円筒図法 – Wikipedia.