漢族、壮族、満族、回族、苗族、ウイグル族、土家族、彝族


次の民族を
中国の全人口に対する
割合が高い順に選びなさい
漢族
壮族
満族
回族
苗族
ウイグル族
土家族
彝族 いぞく
50%


次の民族を
中国の全人口に対する
割合が高い順に選びなさい
漢族
回族
彝族
50%

中国の少数民族は55あるが、チワン族が人口1,600万人と最も多い。次ぎに人口1,000万人前後の満州族と回族が続いている。(中国の少数民族の分布地図は図録8231参照)

 少数民族といっても11億人以上いる漢族と比べて少数であるだけで、チワン族はチリやオランダと同程度の人口であるし、満州族、回族はハンガリー、スウェーデンと同程度の人口とかなりの人口規模である(図録1167参照)。

 チベット族は542万人と第9位の人口規模をもつ。500万人台の国としてはヨルダン、デンマーク、フィンランドといった諸国があげられる。

 最少人口はロッパ族3000人であり、少数民族の間の人口規模の差は極めて大きい。

 なおここで使用している「中国統計年鑑」(統計資料のHP公開あり)は政府の公認統計書であり、55の少数民族というのも公認の位置づけである。
引用元:図録▽中国の少数民族人口 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8230.html

漢民族(かんみんぞく)は、中華人民共和国(中国大陸)、中華民国(台湾)、シンガポールで大多数を占める民族。人類の20%を占める世界最大の民族集団である。
中華人民共和国の民族識別工作では漢族と呼ばれ、中華人民共和国の人口の94%以上を占める。漢人ともいい、華僑として中国を離れ、移住先に定着した人は華人、唐人と自称することが多い。
引用元:漢民族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%B0%91%E6%97%8F

チワン族(壮族)(チワンぞく、チワン語: Bouxcuengh, 旧表記 Bouчcueŋь, ポウシューン)は、主に中国南部やベトナム北部に住居する原住民族である。中国では広西チワン族自治区中西部や雲南省南西部、広東省東部、貴州省南部、湖南省南部などの山間部に約1,854万人(2010年の第6回全国人口調査統計による)が住み、中国最大の少数民族となっている。言語はタイ・カダイ語族に属するチワン語を話す。チュアン族と言う日本語表現もある。
引用元:チワン族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%AF%E3%83%B3%E6%97%8F

満州民族(満洲民族、まんしゅうみんぞく、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、まんしゅうぞく、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡠᡣᠰᡠᠷᠠ 、転写:manju uksura)は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。清朝では、民族全体が八つのグサ(=八旗)に組織され(=満洲八旗)、モンゴル人や漢人の八旗のメンバーとともに旗人とも呼ばれた。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。中華人民共和国による民族識別工作では、蒙古八旗や漢軍八旗も含む「旗人の末裔」全体が「満族(まんぞく, マンズゥ)」に「識別」(=区分)され、「55の少数民族」のひとつとされた。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、「少数民族」としてはチワン族・回族に次ぐ人口である[4][注釈 1]。
引用元:満州民族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B0%91%E6%97%8F

回族(かいぞく、ホウェイ族あるいはフェイ族、拼音: Huí zú、 حواري)は、中国の少数民族の一つで、中国最大のムスリム(イスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語・形質等は漢民族(漢族)と同じだが、イスラム教(イスラーム)を信仰する。中国全土に広く散らばって住んでおり、人口は2000年の時点で約980万人で、中国に住むムスリム人口のおよそ半数を占める。
引用元:回族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E6%97%8F

ミャオ族(中国語: 苗族、miáozú) は、中国の国内に多く居住する民族集団で、同系統の言語を話す人々は、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムなどの山岳地帯に住んでいる。自称はモン族 (Hmong) であるが、Hmongは狭義にはミャオ族の一支族に用いられる呼称である。中国では55の少数民族の一つである。
引用元:ミャオ族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%82%AA%E6%97%8F

ウイグル(ウイグル語: ئۇيغۇر‎、Uyghur‎、中国語: 维吾尔族、拼音: Wéiwúĕrzú)は、4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活動したテュルク系遊牧民族並びにその国家[注 1]及びその後裔とも[1]20世紀の政治的必要性からの名乗りともされる[2]「ウイグル」を自らの民族呼称とする民族を指し、後者は現在中華人民共和国の統治する新疆ウイグル自治区やカザフスタン・キルギス・ウズベキスタンなど中央アジアに居住している[3]。人口は約1千万人[3]。テュルク諸語のウイグル語を話すムスリム(イスラム教徒)である[4] 。
引用元:ウイグル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AB

トゥチャ族(中国語:土家族 ビジ語:ビジカ)は中華人民共和国が公認した55の少数民族のひとつで、主に湖南省、湖北省、重慶直轄市(旧四川省)の交界地帯に住む。
人口約800万人、中国の民族の中で8番目多い。言語はチベット・ビルマ語派に属する。長く漢族と交わって暮らしてきたため、現在ではトゥチャ語(ビジ語とモンズ語)を母語とする者は10万人程度とされ、ほとんどが中国語を母語としている。このように、民族の総人口と比較して母語人口が極端に少ない民族として、他に満州族(1000万人超えの民族であり、満州語を話せるのは5人以下)とシェ族(総人口約80万人、シェ語を話せるのは1000人程度)が挙げられる。湖南省湘西土家族苗族自治州、湖北省恩施土家族苗族自治州が設置されている。なお、例えば、彝族の事を彝家などと呼ぶ事もある事から分かるように、「家」には「族」の意味も含まれている。そのため本来、土家でトゥチャ族の意味をなしており、これに族を加えるのは重複した表現である。しかし、西北に住むモンゴル系民族である土族と区別するためにも、重複した表現ではあるが土族ではなく、土家族を正式な民族名としている。
引用元:トゥチャ族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%81%E3%83%A3%E6%97%8F

イ族(イぞく、彝族, 拼音: Yízú)は中国の少数民族の一つ。2010年の第6次全国人口普査統計では人口は8,714,393人で、中国政府が公認する56の民族の中で7番目に多い。
引用元:イ族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E6%97%8F