シャーロット・エリザベス・ダイアナ


次の文字列を順に選んで
2015年5月に誕生した
イギリス王室ウィリアム王子の
第2子の王女の名前にしなさい
シャーロット
エリザベス
ダイアナ
43%
Charlotte Elizabeth Diana

シャーロット・エリザベス・ダイアナ・オブ・ケンブリッジ王女(Charlotte Elizabeth Diana;[1] 2015年5月2日 – )は、イギリスのケンブリッジ公爵ウィリアム王子と同夫人キャサリンの長女[2]。
現在の女王エリザベス2世の系統においては、祖父チャールズ、父ウィリアム、兄ジョージに次ぐ王位継承権第4位である。これは女性王族では最も上位である。

同5月5日、父のウィリアム王子はシャーロット王女の出生届を「シャーロット・エリザベス・ダイアナ・オブ・ケンブリッジ王女殿下(Her Royal Highness Princess Charlotte Elizabeth Diana of Cambridge)」と記載の上で提出したと王室がツイッターで発表した。この出生届は、シャーロット王女の全名、両親、出生日や病院名等が肉筆で書かれており、ウィリアム王子が署名している。同日、ケンジントン宮殿において曽祖母で89歳になるエリザベス女王と初対面したと英スカイニューズ・テレビが伝えた。

イギリス王室の公式ツイッターから正式に名前が決定・発表された。それぞれイギリス王室とゆかりのある人物から付けられた。
シャーロット (Charlotte) – 父親のウィリアム王子の父であり、シャーロット王女にとっては祖父にあたるチャールズ (Charlese) 皇太子の名前の女性形、母親のキャサリン妃の妹であるピッパ・ミドルトンのミドルネームにもなっている。
エリザベス (Elizabeth) – 曾祖母にあたるエリザベス2世
ダイアナ (Diana) – 父親のウィリアム王子の実母であり、祖母に当たるダイアナ元皇太子妃
なお、イギリスメディアは、ダイアナという名前について、ウィリアム王子が母の名前を入れることを強く希望したとみられると伝えている。
引用元:シャーロット・オブ・ケンブリッジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8