新関門、榛名、北陸



次の日本の鉄道トンネルを
総延長が長い順に選びなさい
青函トンネル 53850m
大清水トンネル 22221
新関門トンネル 18713
榛名トンネル 15350
中山トンネル 14857
北陸トンネル 13870
新清水トンネル 13490
新丹那トンネル 7959
33%
せいだいしんはるはなほしし
「盛大新春花欲しし」

CIMG8493qaEf6FjBLnOy
次の日本の峠を
標高が高い順に
選びなさい
三伏峠───さんぷくとうげ 2580m
針ノ木峠───はりのきとうげ 2536m
麦草峠───むぎくさとうげ 2120m
金精峠───こんせいとうげ 2024m
大菩薩峠───だいぼさつとうげ 1897m
野麦峠───のむぎとうげ 1672m
和田峠───わだとうげ 1531m
引用元:「8000m峰はアジアだけ」「日本に3000m峰は10以上ある」 北アルプス「奥穂高岳」「焼岳」「立山」「白馬岳(しろうまだけ)」「乗鞍岳」 峠標高順「三伏峠」「針ノ木峠」「麦草峠」「金精峠」「大菩薩峠」「野麦峠」「和田峠」『三針婿頼むわ』 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/8269/

延長別日本の交通用トンネルの一覧(えんちょうべつにほんのこうつうようトンネルのいちらん)とは、日本において交通用途で建設されたトンネルを延長順に並べた一覧である。尚、世界におけるトンネルの一覧は延長別トンネルの一覧を、日本における道路トンネルの一覧は延長別日本の道路トンネルの一覧を参照のこと。
引用元:延長別日本の交通用トンネルの一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E9%95%B7%E5%88%A5%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%A4%E9%80%9A%E7%94%A8%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.80.E8.A6.A7

青函トンネル(せいかんトンネル)、又は青函隧道(せいかんずいどう)[2][注釈 3]は、本州の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道(渡島総合振興局)上磯郡知内町湯の里を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道トンネルである。

概要[編集]
津軽海峡の海底下約100mの地中を穿って設けられたトンネルで、全長は53.85 kmにも及ぶ。これは交通機関用のトンネルとしては日本一および東洋一である[4]。全長は約53.9kmであることからゾーン539の愛称があった。
交通機関用トンネルとしては世界2位の長さであり、海底トンネルとしては世界一の長さと深さを持つ交通機関用トンネルである。海底部の総距離では英仏海峡トンネルが世界一の長さを持つ。 1988年(昭和63年)3月13日に開通してから2016年(平成28年)6月1日にスイスのゴッタルドベーストンネルが開通するまでは、世界一の長さを持つ交通機関用トンネルでもあった[新聞 1][注釈 4]。
引用元:青函トンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%87%BD%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

清水トンネル(しみずトンネル)は、上越線の群馬県と新潟県の間にあるトンネル。名称は、付近にある清水峠にちなむ。
在来線である上越線はおのおの単線の清水トンネル、新清水トンネル(しんしみずトンネル)の2本があり、上越新幹線用の複線の大清水トンネル(だいしみずトンネル)と合わせて合計3本が並行している。
清水トンネル – 1922年着工、1931年9月1日開通。全長9,702m[1]。
新清水トンネル – 1963年着工、1967年9月28日開通。全長13,500m[1]。
大清水トンネル – 1979年完成、1982年11月15日開通。全長22,221m。
本稿では主に清水トンネルについて記載し、新清水トンネルと大清水トンネル、および清水トンネル内に存在した茂倉信号場についても記述する。

大清水トンネル[編集]

新清水トンネルに次ぐ3本目のトンネルとして掘削されたトンネルで、上越新幹線の上毛高原駅と越後湯沢駅の間にある。1979年1月25日に貫通した[4]。
全長22,221mは、当時世界最長だったスイス連邦鉄道(SBB、スイス国鉄)のシンプロントンネル(19,823mおよび19,803m)を抜いて、世界一(1983年1月の青函トンネル貫通まで、山岳用としては2000年9月の東北新幹線岩手一戸トンネル貫通まで[5])となった。
引用元:清水トンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

新関門トンネル(しんかんもんトンネル)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽新幹線新下関駅 – 小倉駅間にある鉄道海底トンネルである。関門海峡を横断する交通施設では最も新しいものである。
1975年3月の開通当時は日本一長い鉄道トンネルであった。その後開通した青函トンネルなどに抜かれはしたものの、山陽新幹線または東海道・山陽新幹線系統のトンネルでは未だに最長のトンネルでもある。
引用元:新関門トンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%96%A2%E9%96%80%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

榛名トンネル(はるなトンネル)は、群馬県高崎市と渋川市の間にある東日本旅客鉄道(JR東日本)上越新幹線の山岳トンネル。総延長は15,350m。最大土かぶりは約200m。日本鉄道建設公団によって建設された。
工事は大宮方より中里工区(400m)、金古工区(2,900m)、下新井工区(2,400m)、長岡工区(3,700m)、行幸田工区(2,600m)、御蔭工区(3,350m)の6工区に分けて行われた。 施工業者は中里工区がフジタ工業、金古工区が大成建設、下新井工区が飛島建設、長岡工区が西松建設、行幸田工区が鹿島建設、御蔭工区が前田建設。
引用元:榛名トンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%9B%E5%90%8D%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

中山トンネル(なかやまトンネル)は、上越新幹線の高崎駅 – 上毛高原駅間にある、総延長14,857 mの複線鉄道トンネルである。高崎方面から進行すると榛名トンネルの次、2番目に通過するトンネルである。建設中に2回の大出水事故を起こして難工事を極め、2回の経路変更によりようやく完成した。経路変更に伴いトンネル内に半径1,500 mの曲線が生じたため、営業速度240 km/hの新幹線がトンネル内の曲線部分を通過するときには160 km/hに減速せざるをえなくなった。また日本において初めて新オーストリアトンネル工法 (NATM) が採用されたトンネルである。当初の予想を大幅に超えた難工事による工期の遅れから、中山トンネルの工事は上越新幹線全体の開業に多大な影響を与えることとなり、事前の地質調査の重要性など、多くの教訓を残すこととなった。
引用元:中山トンネル (上越新幹線) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB_(%E4%B8%8A%E8%B6%8A%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A)

北陸トンネル(ほくりくトンネル)は、福井県の敦賀市と南条郡南越前町にまたがる複線鉄道トンネルである。北陸本線の敦賀 – 南今庄駅間、木ノ芽峠の直下に位置する。総延長は13,870mあり、1962年6月10日に開通した。
本稿ではこのほか、並行して建設されている北陸新幹線新北陸トンネル(しんほくりくトンネル)についても記述する。
引用元:北陸トンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%99%B8%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

丹那トンネル(たんなトンネル)は東海道本線の熱海駅〜函南駅間にある複線規格のトンネル。総延長7,804m、1934年(昭和9年)開通。
完成当時は清水トンネルに次ぐ日本第2位の長さで、鉄道用複線トンネルとしては日本最長だった。現在、東日本旅客鉄道(JR東日本)と東海旅客鉄道(JR東海)との会社境界はトンネル東口付近(来宮駅電留線の上り場内信号機)となっているが、丹那トンネル自体はすべてJR東海の資産となっている。
なお、本稿では東海道新幹線の熱海駅 – 三島駅間にある新丹那トンネル(しんたんなトンネル)についても記述する。

新丹那トンネル[編集]

新丹那トンネル(しんたんなトンネル)は、丹那トンネルの約50m北側に並行して延びる長さが7,959mの東海道新幹線用のトンネルである。
引用元:丹那トンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E9%82%A3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB