下村博文、馳浩、松野博一


次の人物を
文部科学大臣を務めた順に
選びなさい
下村博文
馳浩
松野博一
31%

歴代文部科学大臣

1 町村 信孝 平成13年 1月 6日〜平成13年 4月26日
2 遠山 敦子 平成13年 4月26日〜平成15年 9月22日
3 河村 建夫 平成15年 9月22日〜平成16年 9月27日
4 中山 成彬 平成16年 9月27日〜平成17年10月31日
5 小坂 憲次 平成17年10月31日〜平成18年 9月26日
6 伊吹 文明 平成18年 9月26日〜平成19年 9月26日
7 渡海紀三朗 平成19年 9月26日〜平成20年 8月 2日
8 鈴木 恒夫 平成20年 8月 2日〜平成20年 9月24日
9 塩谷  立 平成20年 9月24日〜平成21年 9月16日
10 川端 達夫 平成21年 9月16日〜平成22年 9月17日
11 髙木 義明 平成22年 9月17日〜平成23年 9月 2日
12 中川 正春 平成23年 9月 2日〜平成24年 1月13日
13 平野 博文 平成24年 1月13日〜平成24年10月 1日
14 田中眞紀子 平成24年10月 1日〜平成24年12月26日
15 下村 博文 平成24年12月26日〜平成27年10月 7日
16 馳 浩 平成27年10月 7日〜平成28年 8月 3日
17 松野 博一 平成28年 8月 3日〜平成29年 8月 3日
18 林 芳正 平成29年 8月 3日〜
引用元:歴代文部科学大臣:文部科学省 http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki/rekidai/daijin.htm

下村 博文(しもむら はくぶん、1954年5月23日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党東京都連会長。
群馬県高崎市(旧倉渕村)出身。文部科学大臣(第18・19代)、内閣官房副長官、文部科学大臣政務官、法務大臣政務官などを歴任。
自由民主党では幹事長代行(第4代)、総裁特別補佐、副幹事長、国会対策副委員長、広報局次長、新聞局次長、国会では、衆議院法務委員長、議院運営委員会理事などを歴任。あしなが育英会の副会長を務める。
引用元:下村博文 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E5%8D%9A%E6%96%87

馳 浩(はせ ひろし、旧姓:川辺[2]、1961年5月5日[1] – )は、日本の政治家、元プロレスラー。自由民主党所属の衆議院議員(6期)。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議・顧問。富山県西礪波郡砺中町(現・小矢部市)生まれ、石川県金沢市育ち。
1984年のロサンゼルスオリンピック代表を経てプロレスラーとなり、新日本プロレス・全日本プロレスなどで活躍した。
1995年に参議院議員に当選し政界入りし、文部科学大臣(第20代)を務めた
2006年にプロレスラーを引退。妻はタレントの高見恭子。
引用元:馳浩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%B3%E6%B5%A9

松野 博一(まつの ひろかず、1962年(昭和37年)9月13日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)。 文部科学大臣(第21代)、文部科学副大臣(福田康夫改造内閣・麻生内閣)、厚生労働大臣政務官(安倍内閣)、衆議院文部科学委員長等を歴任した。
引用元:松野博一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E9%87%8E%E5%8D%9A%E4%B8%80