三斗小屋(さんどごや)温泉



栃木県那須塩原市にある温泉は
◯◯◯◯温泉?
三斗小屋
さんどごや(答)
41%

三斗小屋温泉(さんどごやおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)旧会津中街道の三斗小屋宿近くにある板室温泉郷エリアの温泉。江戸時代には『那須七湯』を構成する温泉に数えられ、現在でも那須温泉郷を構成する温泉として数えられる。アクセスは徒歩のみ、トレッキング程度以上の装備が良い。

アクセス[編集]
宇都宮線黒磯駅より東野交通バスで約75分。那須ロープウェイに乗り換え、山頂駅下車、牛首経由徒歩で約120分。または、峠の茶屋駐車場→峰の茶屋→三斗小屋徒歩で約120分。
その他[編集]
日本郵便の交通困難地・速達取扱地域外になっており、郵便は届かない。
引用元:三斗小屋温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%97%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E6%B8%A9%E6%B3%89

三斗小屋温泉について

那須岳西側の標高1,460mの高所にある山の湯として有名。康治元年(1142)の発見といわれる那須最古の湯で、名の由来は、山越えで三斗俵しか運べなかったとも、米を三升食べる間に病気が治ることから、三升が三斗になったともいわれる。煙草屋、大黒屋の2軒の宿とも素朴な木の浴槽と露天風呂(煙草屋のみ)があり、夜9時以降はランプになる。
引用元:【三斗小屋温泉】アクセス・営業時間・料金情報 – じゃらんnet http://www.jalan.net/kankou/spt_09212cd2110078087/