「シカゴ学派」フランク・ナイト ミルトン・フリードマン ジョージ・スティグラー

028RqMxrmxnRf
次のうち
経済学のシカゴ学派を
代表する人物を1つ選びなさい
ジョン・メイナード・ケインズ
ヨゼフ・シュンペーター
ジョン・ナッシュ
ミルトン・フリードマン◯
ジョージ・スティグラー◯
フランク・ナイト◯
ポール・クルーグマン
アーサー・セシル・ピグー

シカゴ学派(シカゴがくは)は、強固に新古典派経済学の価格理論と古典的自由主義の経済思想を持つ経済学の学派である。端的に言えば原理的な市場原理主義を信奉する経済学の一団と言える。シカゴ大学の経済学部を中心に受け継がれてきたことから、この名で呼ばれている。経済学においてシカゴ学派といえば右派(市場主義的)と認識されている。その強固な思想から多くの論争に関わっているのと同時に経済学において一定の影響を常に保っている。
>シカゴ学派の創設者フランク・ナイトは、計画経済を批判する一方で競争経済の論理的基盤に対しても等しく批判的で、ヘンリー・サイモンズは電話・鉄道の国有化を提唱していた[1]。また、ジェイコブ・ヴァイナーはリベラリストで、極端な言辞・政策に強い反発を示していた[1]。
シカゴ大学においてナイトの下で学んだ自由主義者のミルトン・フリードマンとジョージ・スティグラーはシカゴ学派の第2世代と呼ばれる。
引用元: シカゴ学派 (経済学) – Wikipedia.

ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1883年6月5日 – 1946年4月21日)は、イギリス生まれの経済学者。イングランド、ケンブリッジ出身。20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。有効需要[1]に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。
経済学の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインやブルームズベリー・グループの交流は有名。
引用元: ジョン・メイナード・ケインズ – Wikipedia.

ヨーゼフ・アーロイス・シュンペーター(Joseph Alois Schumpeter、1883年2月8日 – 1950年1月8日)は、オーストリア・ハンガリー帝国(後のチェコ)モラヴィア生まれのオーストリアの経済学者である。企業者の行う不断のイノベーション(革新)が経済を変動させるという理論を構築した。また、経済成長の創案者でもある[1]。
引用元: ヨーゼフ・シュンペーター – Wikipedia.

ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニア(John Forbes Nash, Jr. 1928年6月13日 – )は、アメリカ人の数学者。専門分野は微分幾何学でありリーマン多様体の研究に関して大きな功績を残している。
1994年、ラインハルト・ゼルテン、ジョン・ハーサニとともにゲーム理論に関して大きな功績を残したとしてノーベル経済学賞を受賞しており、
>ハリウッド映画『ビューティフル・マインド』は、彼の天才数学者としての偉業と成功及び後の統合失調症に苦しむ人生を描いた作品であり、このため世間での彼の知名度は高い。
引用元: ジョン・ナッシュ – Wikipedia.

ミルトン・フリードマン(英: Milton Friedman、1912年7月31日 – 2006年11月16日)はアメリカ合衆国ニューヨーク出身のマクロ経済学者である。マネタリズムを主唱して裁量的なケインズ的総需要管理政策を批判した。1976年、アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞受賞。弟子にゲーリー・ベッカーがいる。
引用元: ミルトン・フリードマン – Wikipedia.

ジョージ・ジョセフ・スティグラー(George Joseph Stigler, 1911年1月17日 – 1991年12月1日)は、アメリカ合衆国の経済学者。1982年にノーベル経済学賞を受賞した。
>スティグラーはミルトン・フリードマンと並ぶシカゴ学派の重鎮であり、1982年には市場と規制に関する研究が評価され、ノーベル経済学賞を受賞した。また1987年には、アメリカ国家科学賞も授与されている。
引用元: ジョージ・スティグラー – Wikipedia.

フランク・ハインマン・ナイト(Frank Hyneman Knight, 1885年11月7日 – 1972年4月15日)は、20世紀前半に活躍したアメリカの経済学者。ジェイコブ・ヴァイナー、ヘンリー・シモンズとともにシカゴ学派の創設者である。1950年アメリカ経済学会会長。
引用元: フランク・ナイト – Wikipedia.

ポール・クルーグマン(Paul Robin Krugman, 1953年2月28日 – )は、アメリカの経済学者、コラムニスト。プリンストン大学教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を兼任。
1991年にジョン・ベーツ・クラーク賞、2004年にアストゥリアス皇太子賞社会科学部門、2008年にはノーベル経済学賞を受賞した[6][7]。
>国際貿易理論に規模による収穫逓増を持ち込み、産業発生の初期条件に差がない国同士で比較優位が生じて、貿易が起きることをモデル化。このモデルは、自動車産業など同種の製品を作る産業が、アメリカやヨーロッパ、日本にそれぞれ存在して、互いに輸出しあっている現実を反映する[8]。
引用元: ポール・クルーグマン – Wikipedia.

アーサー・セシル・ピグー(Arthur Cecil Pigou、1877年11月18日 – 1959年3月7日)は、イギリスの経済学者。経済学者アルフレッド・マーシャルの後継者であり、「厚生経済学」と呼ばれる分野の確立者として知られる(その名称は、彼の主著『厚生経済学』初版1920年に由来する)。
兄弟弟子であったジョン・メイナード・ケインズが反古典派経済学であるケインズ経済学を立ち上げ、それに真っ向から対立し古典派経済学を擁護した。古典派経済学が影響力を失っていくなかで最後まで古典派の立場に立ち擁護したことから「古典派最後の経済学者」と称される。
>ピグーの著作物は膨大だが、特に「3部作」、すなわち『厚生経済学』、『産業変動論』(初版1927年)、『財政の研究』(初版1928年)が重要とされる。
>ピグー税・補助金[編集]
経済活動において市場を通さずに便益を享受したり損失を被ることを外部効果という。これを補正するため、正の外部効果に対しては補助金を交付し、負の外部効果に対しては課税する。このときの課税を、「ピグー税・補助金」あるいは単に「ピグー税」といい、環境経済学の分野などで現在も重視されている。
引用元: アーサー・セシル・ピグー – Wikipedia.