ラスムセン


2015年6月にデンマークの
首相に就任した政治家です
ラスムセン(答)
33%
Lars Løkke Rasmussen

ラース・ロッケ・ラスムセン(Lars Løkke Rasmussen [lɑːs ˈløɡ̊ə ˈʁɑsmusn̩]、1964年5月15日 – )は、デンマークの政治家。同国首相。内務・保健大臣、財務大臣などを歴任した。

2015年6月18日に執行された総選挙でヴェンスタは第3党に転落したものの、中道右派グループが過半数を獲得し、社会民主党を中心とする中道左派グループに勝利、連立交渉を開始した。 しかし、連立交渉は折り合わずヴェンスタ単独となる内閣で28日に首相に就任した。

「ラスムセン首相」[編集]
元首相のポール・ラスムセン、前任の首相のアナス・フォー・ラスムセンと苗字は同じだが、血縁関係は全く無い。これによりデンマークでは同じ苗字の首相が1993年から2011年まで18年も続いた。デンマークのマスコミは間違いを避けるため、前任の首相のことを「アナス・フォー」、ラースのことを「ラース・ロッケ」と呼ぶことが多い。なお、日本の外務省はウェブ上などでルッケ・ラスムセンと表記している[3]。
引用元:ラース・ロッケ・ラスムセン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%83%B3

アナス・フォー・ラスムセン(Anders Fogh Rasmussen [ɑnɐs ˈfɔʊ̯ˀ ˈʁɑsmusn̩] ( 聞く)、1953年1月26日 – )は、デンマークの政治家。2001年から2009年4月5日までデンマークの首相、2009年4月から2014年10月まで第21代NATO事務総長を務めた。オーフス大学卒業。
保守リベラル政党である自由党(ヴェンスタ)所属。公約は新自由主義に基づく規制緩和路線であるが、実際はリベラル路線で同性結婚も容認している。デンマーク史上、極めて有能な政治家とデンマーク国民からの評価は高く、国内外から多数の勲章が授与されている。
引用元:アナス・フォー・ラスムセン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%83%B3