カタカムナ文明


別名を「八鏡文字」という
幾何学的な文字を用いたとされる
楢崎皐月がその存在を唱えた
謎の古代文明は◯◯◯◯◯文明?
カタルムサ
イスサリス
ミカカフミ
カタカムナ(答)
9%
「カタカムナ文明」

楢崎 皐月(ならさき さつき、或いは「ならさき こうげつ」、 1899年5月9日 – 1974年7月31日)は、日本の物理学者・電気技術者。「カタカムナ文明」と称する超古代文明の存在を主張した。

概要[編集]
1899年5月9日、山口県あるいは北海道で生まれた後、北海道札幌市で育った。
1917年、日本電子工業・電気学校で学んだ後、満州にて日本軍に関わる技術職に従事する。終戦後、星製薬社長の星一の援助で、星製薬内に「重畳波研究所」を設立し、様々な研究を行う。
本人の主張によれば、1948年頃から全国の電位分布実測調査を行ううち、兵庫県六甲山山系の金鳥山(俗称:狐塚付近)での生活中に平十字と名乗ると宮司と出会い、カタカムナ文字とされる巻物を大学ノートに書き写したとされ、その後20年ほど経過した後、著書に記述し始める。
引用元:楢崎皐月 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A2%E5%B4%8E%E7%9A%90%E6%9C%88

縄文時代以前、旧石器時代末期に存在したとされ、カタカムナ文献を読む限りでは、高度な科学技術や独自の哲学体系を持っていたことが推測される。
しかし、現在においてこの文明の存在を示す建造物や遺物は、カタカムナ文献以外見つかっていない。このため、皐月の創作ともされる。

発見の経緯

日本で初めてカタカムナ文明の存在を唱えたのは楢崎皐月(ならさき・こうげつ)である。皐月の述懐によれば、皐月は兵庫県六甲山系の金鳥山中での調査中に、平十字(ひらとうじ)という猟師と出会ったという。平十字は平十字の父が「カタカムナ神社の宮司」であったと言い、その神社の御神体である巻物を見せた。そこに書かれていたのは丸と直線で作られた幾何学的な図形(カタカムナ文字)の集まりであった。皐月は、平十字に書写を願い出た。平十字は快諾し、皐月は研究用に持っていた大学ノートにそれを写したが、その量は一日で写し終わるようなものではなく、それから20日間、毎日平十字は巻物を手に皐月のところへ通った。皐月はそれまで度々実家に葉書を送って安否を知らせていたが、このときは一ヶ月間葉書をよこさなかったと皐月の娘は述懐している。後に皐月は五年をかけてこの図形の集まり(通称「カタカムナ文献」)の解読に成功。この文字はそれが祀られていたとされる場所の名から「カタカムナ文字」と呼ばれ、その文字を使用していた文明として「カタカムナ文明」が提唱された。
ただ、カタカムナ神社の実在が確認されていないため、疑わしい部分がある。
引用元:カタカムナ文明 (かたかむなぶんめい)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%8A%E6%96%87%E6%98%8E